海外療養費の国民健康保険負担分(7割)還付

この記事は約3分で読めます。

宮島

2022年1月14日に請求した海外療養費のうち、国民健康保険負担分(7割)が3か月たってようやく振り込まれた。
残りの重度障害者医療証(3割)の分は、さらに2か月かかるらしい。

同じ申請書を元に計算するのだから、あらためて計算するのではなく、国民健康保険負担分を還付(払い戻し)した書類を生かして、残りの3割を戻せばいいではないかと思うのは私だけだろうか。

国民健康保険療養費支給決定通知書

さて、私が「国民健康保険療養費支給決定通知書」を見て、自分で計算した金額とあまりにも違うので、確認のために区役所へ電話したら7割だけだと知った次第だ。

為替レートによる誤差はあるだろうが、キルギスで透析を受けた2021年(令和3年)11月26日と29日の2回分は、私の計算によれば、総額10,708.78ソム(14,350円)だったから、あまりにも違うと気づいたわけだ。

キルギスソム(KGS)と日本円(JPY)の為替レート推移

キルギスソム(KGS)と日本円(JPY)の為替レート推移

横浜市がいつの為替レートを適用しているかわからないが、7割でも私の計算(10,045円)と1,500円くらいの差があるのは何とも・・・
キルギスのソム(KGS)が暴落したのだろうか。

ところで、私が中央アジアへ渡航したときに、コーディネーターが使ったJTBビジネスソリューション事業本部第八事業部(旧虎ノ門第五事業部)では、海外透析旅行のご案内というページを出している。
海外透析予約サービスということで、私が行きたいと思っている台北とバンコクは日本語対応の病院があるようだ。

ウズベキスタンスム(UZS)と日本円(JPY)の為替レート推移

ウズベキスタンスム(UZS)と日本円(JPY)の為替レート推移

また、海外まで行かなくとも、透析検索.comで日本国内で旅行透析ができる透析病院を検索できる。
この先、私の海外腎移植がどうなるかはわからないが、再渡航まで時間がかかるようなら、こういったサービスを使って旅行をすることも考えてみたいと思う。

2021年11月-12月 中央アジア旅行のトピックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました