アタチュルク公園でアスレチック

この記事は約3分で読めます。

アタチュルク公園(Ataturk Park)

私たちがビシュケク(Bishkek)滞在中によく行ったところの一つがアタチュルク公園(Ataturk Park)だ。

なぜ、トルコの英雄の名前がキルギスの公園で使われ、銅像まで建てられているかはよくわからないが、季節が冬でなく、もっと暖かいときならば、ピクニックにいいところだと感じた。

もちろん、私たちが公園を散策する日は、冬でも暖かい日が選ばれていたが、それでも現地通訳の女性は、ここ20年くらいで最も今年が暖かいと言っていた。
これも地球温暖化の影響なのだろうか。

アタチュルク公園(Ataturk Park)

アタチュルク公園(Ataturk Park)に行くには、9番か11番のバス(一律11ソム=約15円)に乗ればいいのだが、私たちはホテルから公園までタクシーで行くのが常だった。

タクシーと言っても日本人が意識するものとは違って、Yandex.Taxi(ヤンデックス)のような配車アプリを使って呼び出す、言わばUber Taxi(ウーバータクシー)のロシア版と思えばいい。 

アタチュルク公園(Ataturk Park)

アプリの操作は現地通訳の女性がやってくれたので、私たちがアプリを使う機会はなかったが、日本語でも解説されているページがあるので、ロシア語圏を旅する人は参考にするといい。

参考までに、ビシュケク(Bishkek)には、タクシーのマークを付けた正規(!?)の車も走っているので、アプリを使いこなせない旅行者は、ホテルやレストランで呼んでもらうといいだろう。

アタチュルク公園(Ataturk Park)

公園の入り口からしばらく歩くと、アスレチックジムのような施設がある。
真冬にもかかわらず、現地の高齢者がいたのには驚き、私たちのグループの熟年男性も、彼らに負けじと、はりきってジムをやっていた。(笑)

アタチュルク公園(Ataturk Park)

こういった運動をすると、いかに体力が落ちているかがわかる。(笑)
週の半分がホテルと透析病院だけの往復ではほとんど歩くことがないからだ。

アタチュルク公園(Ataturk Park)

アタチュルク公園(Ataturk Park)でのもう一つの楽しみがリスの餌やりだ。
人が寄っても逃げることがないので、写真を撮るのにも都合がいい。

アタチュルク公園(Ataturk Park)

餌はホテルの朝食ビュッフェの残りなどを袋に詰めて持っていくといい。
もし、子ども連れで旅行しているなら、かなり楽しい写真や動画が撮れるだろう。(笑)

アタチュルク公園(Ataturk Park)

ビシュケク(Bishkek)の和食店

Furusato, Bishkek

ビシュケクの人気の和食店の一つに、フルサト(Furusato)がある。
日本人の店主がやっているこの店は、現地では相当な人気で予約なしでは入れないことが多い。

Furusato, Bishkek

ここは、店内で写真やビデオを撮れないので、料理の写真を紹介することはできないが、蕎麦が美味かった記憶がある。
店員は日本の源氏名(と思われる)を付けているが、残念ながら日本語を話してはくれない。

Furusato, Bishkek

現地の食事に飽きたらお勧めの店の一つだ。
ちなみに、この店はウズベキスタンのタシケントに進出する計画があるらしく、帯同した現地通訳の女性が喜んでいた。

2021年11月-12月 中央アジア旅行のトピックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました