入院生活と闘病・リハビリ

スポンサーリンク
2021年11月-12月 中央アジア

高橋幸春レポートに見るキルギス腎移植の真実

ノンフィクションライターの高橋幸春氏がキルギスの腎移植の真実を書いているので、それを補足する形で私も感想を述べてみたい。
ニュース

海外臓器移植あっせんでNPO理事長を起訴

とうとうNPO法人難病患者支援の会と、その代表理事である菊池仁達氏が臓器移植法違反の容疑で起訴された。いったい刑事裁判が結審するまでにどのくらいの時間がかかるものだろうか。
入院生活と闘病・リハビリ

人工透析患者のための便秘対策

人工透析患者のための便秘対策にカンロ ノンシュガー果実のど飴をなめるのはいかがだろうか。私はこれで便通が改善しているからだ。
2021年11月-12月 中央アジア

NPO難病患者支援の会理事長逮捕で完全に頓挫した海外腎移植の目論見

2021年11月から12月にかけて渡航した中央アジア旅行のコーディネーター、NPO難病患者支援の会の代表理事、菊池仁達氏が警視庁に逮捕された。これで海外腎移植の目論見は完全に頓挫した。はて、これから日本の献腎登録を再度するか考えよう。
2022年11月 大人の休日倶楽部パスの旅

東北新幹線で仙台へ再び

11月28日に北海道から帰京した私、29日は午前中に透析を終え、新幹線で仙台へ向かった。30日は秋田県内の温泉に行く予定なのだが、どこへ行くことにしようか。
2022年11月 大人の休日倶楽部パスの旅

2年ぶりの大人の休日倶楽部パスの旅

私は、去る11月26日から30日まで(28日の一時帰宅を含む)2年ぶりの「大人の休日倶楽部パスの旅」をしてきた。もっとも通院透析を常に強いられる私は、旅行透析の手配をしなければ、最大2泊3日の旅しか許されないので、かつてのような長期旅行などは夢の夢になっている。
令和の旅・地域の情報

鶴見で旅行透析(臨時透析)をやってみた

国内で初めて手配した旅行透析(臨時透析)、PCR陰性証明が必要だったのは意外だったが、無料でやってくれるところがあって無事クリア、今後も機会があれば別のクリニックを試してみようと思う。
令和の旅・地域の情報

透析検索.comで旅行透析先を探してみた

今後の国内旅行のために、透析検索.comを使って旅行透析のクリニックを探してみた。このウェブサイトは、今の透析病院の待遇が悪ければ、転院先を探すのにもいいかなと思える。是非お試しあれ。
2021年11月-12月 中央アジア

海外療養費の国民健康保険負担分(7割)還付

2022年1月14日に請求した海外療養費のうち、国民健康保険負担分(7割)が3か月たってようやく振り込まれた。残りの重度障害者医療証(3割)の分は、さらに2か月かかるらしい。いや~医療や福祉の事務って、相変わらず数か月単位の仕事だな~
入院生活と闘病・リハビリ

マスク皮膚炎で再通院して感じた利権とバカの壁

長時間マスクがもたらす弊害がどこまで顕著になれば、為政者は気づくのだろう。ウイルスのまん延防止にそれほど役立つとは思えないマスクを過信した政策が日本では続いている。マスクができない人、やりたくない人に人権はない。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました