HSBC香港

HSBC香港

HSBC香港、2020年の米国株口座のW-8BENアップデート完了

2020年のHSBC香港の米国株口座に関するW-8BENがすべて処理されたと連絡がきた。最初の通知から足掛け4か月、これほどまでに大変な思いをするなら次回の更新までに、口座の維持を再検討しないといけないだろう。
Firstrade証券

米国株投資はQQQとVIGの組み合わせが鉄壁か

投資の初級者が米国株投資をするにおいて、最適な組み合わせとなるETFは何か。米国株ブログの第一人者、もみあげ氏が、リーマンインテリジェンスのオンラインセミナーで教授してくれた。
Firstrade証券

超お得な英国発の外貨両替・送金アプリ「Revolut」が日本上陸

超お得な英国発の外貨両替・送金アプリ「Revolut」(レボリュート)が日本在住者でも使えることを知ったので、さっそくiPhoneにアプリをダウンロードしてみた。外貨両替が仲値取引で、手数料が不要との触れ込みだが、果たして使い勝手はいかに。
HSBC香港

HSBC Advance Visa Platinum Cardの更新はオンラインで完結

今までは電話しなければならなかったHSBC香港のクレジットカードの更新(アクティベート)が、今回はオンラインで完結した。1分とかからずに終わった手続き、どうせなら米国株関連の書類もこうできないものなのか。
HSBC香港

香港、コロナ禍再燃で年内入国不可、HSBCからのメール回答も遅延

7月8日にHSBC香港へ送った米国株関連の書類、追跡番号では到着を確認できたが、きちんと処理されるか不安だった私は確認のメールを送った。返信がきたのは何と3週間後、香港のコロナ禍は、このようなところにも影を落としていたようだ。
HSBC香港

2020年版HSBC香港の口座を郵送で解約できる人、できない人

コロナ禍で香港への入国がままならない現在、果たして郵送でHSBC香港の口座解約ができるのだろうか。カスタマーサービスに確認してみた。
Firstrade証券

遺産のありかを家族に通知するためのグーグルアカウントの使い方

自分に万が一のことがあったとき、ペーパーレス化が進む金融資産やインターネットサービスアカウントのありかを、効果的に家族に通知するグーグルアカウントの使い方について説明します。
Firstrade証券

リモートワークETF(WFH)はwithコロナ時代の申し子

2020年6月25日に米国に上場されたディレクション・リモートワークETF(WFH)、まさにwithコロナ時代の申し子とも言えるETFだが、日本の証券会社でも買えるのか、買えないのなら組み入れ上位株式には投資できるのか検証してみた。
HSBC香港

HSBC香港がカード式のセキュリティ・デバイスの発行を停止

HSBC香港が2020年3月1日からカード式のセキュリティ・デバイスの発行を取りやめ、モバイル・セキュリティ・キーへの切り替えを推奨している。これからはスマートフォンアプリの操作や英語が苦手な人は口座を解約すべきなのだろうか。
Firstrade証券

SMBC信託銀行プレスティアのeフォームで海外送金登録

SMBC信託銀行プレスティアでは国内外の送金登録が一部の例外を除いてオンラインで完結する。これが現代の国際標準だろう。シティバンクの身売りで国際サービスの低下が懸念されたが、よく頑張っていると思う。
タイトルとURLをコピーしました