コロナ禍の中での大納会、やらぬが正解だった川合式デイトレード

この記事は約10分で読めます。

タブレットを持つビジネスマン

このコラムは、12月29日掲載したものを30日のトレード結果などを踏まえて更新致しました。

12月の最終週といえば、例年であれば、年末年始休暇の季節なのだが、今年は海外旅行どころか、国内の移動(帰省や旅行)も自粛ムード満点の状態、それ故か、自宅に引きこもりの個人投資家が、機関投資家に便乗して、こぞって買いに走ったのか、29日の日経平均株価は714.12円高の27,568.15円で引けた。

日経平均30年超ぶり高値、米法案成立でリスク選好-700円超える上昇」と報じたブルームバーグなどの経済メディアによれば、これは、1990年(平成2年)8月以来の高値水準だそうだ。
おお、この年は私が、大学卒業後に勤めた会社を辞め、転職した年ではないか。

居合抜き1分トレード

ノートパソコンとタブレット

エクセルを使った候補銘柄抽出

さて、コロナ禍に加えて、大寒波の襲来予報では、家に引きこもるのが最適な状況なのだが、29日の日経平均株価の急騰を受けて、大納会(30日)の「居合抜き1分トレード」がどうなるか検証してみたいと思う。

「居合抜き1分トレード」というのは、前営業日の東証1部の値上がり上位銘柄から抽出した20~30銘柄のうち、9時の寄り付きから上がりそうな(場合によっては下がりそうな)銘柄を選定して、0.5~1%の利益を確保しようというものだ。

基本的には、前夜のうちにヤフーファイナンスから抽出した値上がり率上位200銘柄を、当日の8時半以降の気配値を見ながら選定することになる。

川合さんは、この際に、気配値が、前日の終値から2.5%以上乖離した銘柄を避けること、また、寄り付き後も9時2分30秒まで待って、寄り付かない銘柄は注文を取り消した方がいいと言っている。
理由は、いずれも寄り付き後に逆行する可能性が高くなることだ。

抽出条件

  1. 株価が400円(100株で4万円)以上、5,000円(100株で50万円)以下
  2. 出来高が100万株以上
  3. 売買高(株価×出来高)が10億円以上

川合式「居合抜き1分トレード」用のデータ抽出マニュアル及びひな形

トレーディングの基本は、寄り付きの成行買い(又は売り)で、1%(川合さんの推奨は0.5%)で利確、-2%で損切りとする。

リーマンインテリジェンス杉本さんからのプレゼント

去る10月31日のウェビナーに際して、「FPが実践するお金の知恵を磨く勉強会」の主宰者である杉本さんから素敵なプレゼントをいただいた。

上述の川合式・居合抜き1分トレードのために、ヤフーファイナンス・データ抽出マニュアルを参考に、マクロを埋め込んで自動化ツール「おすぎ君カスタム」にしてくれたのだ。
弊サイトの訪問者に無料で提供して構わないということなので、上記URLからダウンロードして欲しい。

なお、インターネットからダウンロードしたファイルに関して、「編集を有効にする」ことと、セキュリティの警告が出た場合に、「コンテンツの有効化」をすることを忘れないで欲しい。
それと、本ファイルに関してのサポートは、私どもはできない旨、ご承知いただきたいと思う。

2020年12月30日(大納会)の売買候補銘柄

パソコンを操作する女性

12月29日のNYダウは、30,335.67ドルと、28日の終値に比べてマイナス68.3ドル、ナスダック総合指数は、12,850.221ポイントと、28日の終値に比べてマイナス49.202ポイントで、双方ともマイナスで引けた。
一方、29日の日経平均先物夜間取引の終値は、27,500円と前日比マイナス70円で終わった。

12月29日の値上がり銘柄

まずは、12月29日の引け後に抽出した値上がり上位銘柄が、30日に、29日(前営業日)の終値よりも高値で寄り付くか、安値で寄り付くかで、どのような動きをしたか検証しよう。

正直言って、これだけ逆行銘柄(ピンクの背景色)が出た日も珍しいのではないかと思う。
それだけ寄り付きにかけて利確売りが嵩んだということだろうか。
仮に、利確水準を0.5%(川合さんの推奨)にしていれば、利確できた可能性のある銘柄は多少増えるが、29日の値上がり銘柄に関しては、30日の「居合抜き1分トレード」候補としないが正解だったかもしれない。

とりあえず、下表における12月30日の始値と、高値又は安値に背景色があるものの説明は以下のとおり。

  • ゴールドの背景色があるものは、12月29日(前営業日)の終値より高値で寄り付いているもので、買い(ロングポジション)で入れば、1%の利益(川合さんの推奨は0.5%)が取れた可能性のあるもの。
  • 黄色の背景色があるものは、12月29日(前営業日)の終値より安値で寄り付いているもので、売り(ショートポジション)で入れば、1%の利益(川合さんの推奨は0.5%)が取れた可能性のあるもの。
  • ピンクの背景色があるものは、12月29日(前営業日)の終値より高値で寄り付いているため、仮に、買い(ロングポジション)で入っていれば、-2%の損切りラインに達していた可能性のあるもの。
    逆に、安値で寄り付いているもので、仮に、売り(ショートポジション)で入っていれば、-2%の損切りラインに達していた可能性のあるもの。

なお、これらの銘柄情報につき、2019年11月4日付で「楽天証券マーケットスピード2を使った注目銘柄一括登録の方法」を掲載しているので参考になれば幸いである。

【2020年12月29日抽出 東証1部値上がり上位銘柄】(銘柄コードと会社名がピーチの背景色のものは「居合抜きツール」でも抽出済)

それぞれの銘柄の四本値は、Kabu Begin!のExcel株価取得を使って抽出した。

銘柄コード会社名12/29終値12/30始値高値安値終値
3150グリムス2,2832,2332,2902,2312,244
4506大日本住友製薬1,5061,5261,5351,4601,523
4568第一三共3,5923,5473,5883,5243,535
4666パーク241,7781,7991,8041,7601,791
4755楽天1,0079991,002989994
6070キャリアリンク2,3272,3452,3852,1702,242
6098リクルートHD4,3664,3984,3994,2884,321
6113アマダ1,1391,1301,1361,1221,133
6619ダブル・スコープ958943956907940
6753シャープ1,5581,5581,5791,5471,564
6952カシオ計算機1,9021,9041,9081,8861,886
7011三菱重工業3,1943,1923,1943,1283,156
7013IHI2,0472,0482,0602,0072,047
7545西松屋チェーン1,4521,4291,4851,4231,481
8233高島屋877886894876885
8267イオン3,4183,3943,4183,3823,385
9024西武HD1,0191,0161,0209991,011
9201日本航空1,9381,9712,0121,9411,995
9202ANA2,2502,2802,2922,2302,277
9613NTTデータ1,4171,4201,4371,4061,411

12月29日の値下がり銘柄

次は、12月29日の引け後に抽出した値下がり上位銘柄が、30日に、29日(前営業日)の終値よりも安値で寄り付くか、高値で寄り付くかで、どのような動きをしたか検証しよう。

こちらは、29日の爆上げ相場の中にあって、下落した銘柄群だけに、30日も素直に下げたものが多かったように思う。
「居合抜き1分トレード」をやるなら、こちらから選ぶべきだったと言っても、後悔先に立たずである。

【2020年12月29日抽出 東証1部値下がり上位銘柄】(銘柄コードと会社名がアクアの背景色のものは「居合抜きツール」でも抽出済)

それぞれの銘柄の四本値は、Kabu Begin!のExcel株価取得を使って抽出した。

銘柄コード会社名12/29終値12/30始値高値安値終値
1605国際石油開発帝石562559560552556
2914JT2,0902,0832,1252,0782,102
3050DCM HD1,1611,1701,1891,1521,179
3197すかいらーくHD1,5711,5751,6111,5651,597
3673ブロードリーフ660666689661682
3962チェンジ3,6203,6203,6253,5053,525
5110住友ゴム工業900895895886887
5486日立金属1,5721,5761,5801,5511,566
7004日立造船578574576555570
7205日野自動車896884886871879
8473SBI HD2,4442,4602,4642,3832,447
9514エフオン1,2591,2581,2871,2151,244
9517イーレックス2,0762,0772,1432,0072,078

12月30日の私の「居合抜き1分トレード」の結果

2020年12月30日 デイトレード結果

12月30日の寄り付きから5分ほどは、「12月11日の川合式デイトレード~どん底からの大逆転」のリプレーを見ているような気分だった。

ただ、この日はMonotaRO(銘柄コード:3064)の空売りをしようとして、頭をよぎったのが、このときの失敗トレードで、代わりに候補に選んだのが、寄り付きにかけて買い気配が伸びてきたパーク24(コード:4666)の買いトレードだった。

2020年12月30日 パーク24(4666)のチャート

結果はご覧のとおり、寄り付きから一気に急落して、何もしなければマイナス2%の損切だったところを1%に抑えたのだけが救いという状況だった。
日経平均株価が爆上げの翌日、しかも大納会ということで、利確売りが出やすかったということならば、素直に売りで入れる銘柄を選ぶべきだったと言うべきだろうか。

2020年12月30日 MonotaRO(3064)のチャート

一方で、当初に空売りしようと思っていたMonotaRO(銘柄コード:3064)は、どうだったかというと、何の問題もなく利確できていたというわけだ。

2020年12月30日 かんぽ生命保険(7181)のチャート

そして、「居合抜き1分トレード」で仕掛けた空売り銘柄のかんぽ生命保険(コード:7181)が逆行高を演じ始めたとき、私は自分の下手くそぶりに呆れてしまった。
そもそも、この銘柄の日足チャートは売りをすべきではない形状なのに、過去に儲けた残像が頭に残っていたことが敗因の一つだった。

新興市場株のトレード

パソコンを見ながらスマホを操作する女性

新興市場銘柄トレード適格基準前日出来高比前日5MA差異日足形状
急騰傍受ツール(買い推奨)10倍以上概ね6%以内上昇基調であること
マザーズ1%ツール(空売り推奨)概ね7倍以内10%以上特に問わない

12月11日は、「居合抜き1分トレード」の損失を新興市場株のトレードでカバーできたのだが、柳の下の二匹目のドジョウを狙うことはできなかったようだ。

2020年12月30日 スタメン(4019)のチャート

今回のトレードは、スタメン(コード:4019)という2020年12月15日に東証マザーズ市場に上場したばかりのベンチャー企業が対象だ。
この銘柄に関して、30日は急騰シグナル(買い推奨)と、マザーズ1%シグナル(空売り推奨)が乱舞していた。

2020年12月30日 急騰傍受ツール(買い推奨)

通常なら、見送りが相当なのだが、9時29分に1,617円で出たマザーズ1%のシグナル4(前日出来高比 10.38倍 前日5MA差異 5.5%)と、9時30分に1,617円で出た急騰シグナル(前日出来高比 11.72倍 前日5MA差異 7.3%)とダブルで出た後に、下落を始めたので、しばらく待ってから、買いを入れてみようと思った。

2020年12月30日 マザーズ1%ツール銘柄(空売り推奨)

前日5MA差異が小さいので、それほど下落もきつくないだろうと踏んだからだ。

ところが、買いのタイミングが早すぎたのと、逆指値が浅すぎて、あっさりと損切の憂き目に遭い、後場は全くトレードをする気をなくして(川合さんも損を取り戻すためのトレードを、後場でやるのはやめた方がいいとアドバイスしている)、大引け後にチャートを見たら唖然とする結末になっていた。

この日は、万事がこの調子だったので、1万円の損失で済んだことは救いだったと考えたい。
最後に、今年1年間、弊サイトをご愛顧いただいた皆様へ御礼申し上げるとともに、この数か月、ブログで繋がった皆様、良いお年をお迎えください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました