投資判断

スポンサーリンク
Firstrade証券

河合式デイトレード、米国株投資に、つみたて暗号資産

年末から年始にかけて世界中でコロナ禍が激しさを増しているが、金融市場はどこ吹く風とばかりに高騰を続けている。果たして、これはいつまで続くのだろうか。
暗号資産(仮想通貨)

清水の舞台から飛び降り~つみたて暗号資産を始めてみた

GMOコインが2021年1月10日から「つみたて暗号資産」の実質的取引を開始する。私もこれに乗ることにしたが、果たして、これは吉と出るか、それとも悪魔の囁きに変わるのだろうか。
川合式デイトレード(トリプルメソッド)

川合式居合抜き1分トレードの損切幅をマイナス1%に縮小してみたら

2,021年の大発会のトレード後に、川合式居合抜き1分トレードの損切幅をマイナス2%からマイナス1%に縮小するとしたが、さっそく、検証事例が出たので反省を含めて書いてみた。
川合式デイトレード(トリプルメソッド)

2021年大発会~コロナ禍の勝ち組企業は再び火を噴くか

2021年の大発会は、日経平均株価が、前年末比でマイナス185.79円、東証マザーズ指数は、プラス25.52ポイントで取引を終えた。関東地区の1都3県の緊急事態宣言が検討されているということで、またもや昨年の春に活況を呈した銘柄が火を噴くのだろうか。
川合式デイトレード(トリプルメソッド)

コロナ禍の中での大納会、やらぬが正解だった川合式デイトレード

2020年を通してお世話になった川合式デイトレード、最後の総決算になるはずが、とんでもない結果になってしまった。気を取り直して来年に臨もう。今年1年間、弊サイトをご愛顧いただいた個人投資家の皆様、ありがとうございました。
川合式デイトレード(トリプルメソッド)

居合抜き1分トレード~寄り付き後3分間の悲喜劇

2020年12月17日のトレードは、居合抜きツールから選択した2銘柄が、ともに寄り付き後3分間に、それぞれ3%を超える急騰と急落に見舞われた。滅多にないことに翻弄された中で、学ぶこともあった。今後のトレードに生かすことができるか。
リタイア戦略

リアルトレードを見ながらシニア世代のライフプランを考える

2020年12月16日は川合スクールにおける今年最後のリアルトレードだった。私に関して言えば、今年の上半期は負傷事故による入院と、それに続くリハビリの毎日だった。今、こうして普通にパソコンに向かえることに感謝し、残り半月、来年に向けて繋がるようなトレードをしていきたいと思う。
川合式デイトレード(トリプルメソッド)

12月11日の川合式デイトレード~どん底からの大逆転

2020年12月11日のデイトレードは、居合抜き1分トレードが2銘柄とも2%損切の大惨敗のスタート、ここから驚異的な巻き返しでトータルプラスに転じたのは非常に嬉しい。やはり、自分と相性の良い銘柄で勝負せよというのが重要だということか。
川合式デイトレード(トリプルメソッド)

2020年12月3日の川合式デイトレードを振り返る

いよいよ激動の2020年も残り1か月を切った。今年は負傷事故からの再起をかけた闘いの中で、怒涛のように月日がたち、つい先日、川合式トレード2年目のシーズンを迎えた。これからは、川合さんが言うように、トリプルメソッドをビジネスレベルに引き上げられるよう精進していきたいと思う。
川合式デイトレード(トリプルメソッド)

川合式デイトレード2年目突入~初心に帰ってエクセルで居合抜き

川合式トリプルメソッドの一つ、居合抜き1分トレード、11月24日は入校2年目に入った記念に、初心に帰って有料の居合抜きツールに頼らず、エクセルで抽出した銘柄と自分の目利きでトレードをしてみた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました