リアルトレードを見ながらシニア世代のライフプランを考える

この記事は約5分で読めます。

グローバル化する世界

2020年12月16日は「日利1.5%トレーダー川合一啓の『株式トレード攻略』」の門下生を対象に行われる今年最後のリアルトレードだった。

さて、私に関して言えば、今年の上半期は負傷事故による入院と、それに続くリハビリの毎日だった。
今、こうして普通にパソコンに向かえることに感謝し、残り半月、来年に向けて繋がるようなトレードをしていきたいと思う。

一般的なシニア世代の1日分の労働収入を思えば

2020年12月16日 デイトレード結果

この日の私のトレード収入は9,400円だ。
概ね最低の単元株数(100株)しかトレードせず、利幅はそれぞれ1%ずつだ。
それでも、しっかりと勝ちを収めれば、わずか数十分で、一般的なシニア労働者の1日分の収入になる。

実際のところ、マイナビミドルシニアなどの就活サイトから洪水のように流れてくる情報を見る限り、シニア世代のアルバイト収入は、せいぜい時給1,100円×8時間で、約9,000円である。
そう考えれば、毎日、各ツールから出るシグナルをきっちりと分析して、確実なトレードをすれば、わずか数十分で、そうしたシニア世代の1日分の稼ぎを得ることができると言えないか。

しかも、私は社会保険や税金に関して、多少知識があるから言えるが、特にリタイア世代の収入は、額面が同じでも投資収益の方が労働収入より実質的な実入りは多いと言える。(参考:2018年2月17日-家族の所得税確定申告書、今年は住民税申告書とダブルで提出
これはリスクとリターンを考えれば当然なのだが、日本人の多くは投資収益をあぶく銭と考えるので、そこから変えていかなければならないと思う。

居合抜き1分トレード

2020年12月16日 太陽誘電(6976)のチャート

「居合抜き1分トレード」というのは、7月27日付で掲載した「コロナリストラに備えて川合式デイトレードを学ぼう」にあるように、前夜にトレード候補として抽出された東証1部銘柄に関して、9時の寄り付き前の気配値を見て、寄り付きの成り行き売買で勝負する手法で、約定価格の0.5%から1%で利確、マイナス2%で損切というルールを持って行うデイトレードである。

16日は、「も」と言ってもいいかもしれない。
太陽誘電(コード:6976)、私にとってこの銘柄は福をもたらす幸運の神かもしれない。

もはや多くを語る必要がない。
あえて言うならば、10月27日付のコラム「川合式デイトレード~自分と相性の良い銘柄で勝負せよ」というものは生きている。

私が利確した4,760円はこの日の最高値だった。
神が付いているかのようだ。
何しろ太陽という名前がいい。
カルロスという名前を付けたきっかけ、私の好きな国、スペインが太陽の国だからだ。

ちなみに、リアルトレード中に書き込んだIHI(コード:7013)も、相性の良さで買い仕掛けをやりかけた。
川合さんは、居合抜きツールの気配値の伸びが今一つだったので、選択肢にはならなかったと言われたが、私は何となく神がかり的なものを感じたのだ。
実際のところ、16日のIHIは、2,030円の寄り付きで、最高値は2,133円(5%高)、ほぼ棒上げで終わった。

新興市場のトレード~マザーズ1%スキャル(空売り)

2020年12月16日 マザーズ指数のチャート

16日の東証マザーズ指数は終始軟調だったため、実況中継中の川合さんも「マザーズは弱いですね~」とぼやきが入っていた。
それ故か、私を含めて、視聴者の目線も急騰傍受ツール(買い推奨)にはほとんど向かわず、今回はマザーズ1%ツール(空売り推奨)に向いていたような気がする。

新興市場銘柄トレード適格基準前日出来高比前日5MA差異日足形状
急騰傍受ツール(買い推奨)10倍以上概ね6%以内上昇基調であること
マザーズ1%ツール(空売り推奨)概ね7倍以内10%以上特に問わない

ニューラルポケット(コード:4056)

2020年12月16日 ニューラルポケット(4056)のチャート

川合スクールの門下生もかなりの人が触れているニューラルポケット(コード:4056)、マザーズ1%ツールで空売り推奨のサインが出たところが良かったのか、そこから素直に下げたため、かなり利確は容易だった。

それでも、12月中旬以降は上げ基調になっていた銘柄だけに、文字通り、1~2%で利確しないとダメな感じの流れだったようだ。

カラダノート(コード:4014)

2020年12月16日 カラダノート(4014)のチャート

16日は、カラダノート(コード:4014)も絶好の空売り銘柄だった。
それにもかかわらず、800円しか利益を得られなかったのは、私の凡ミスで逆指値を訂正するときに、入力を間違えて利確してしまったからだ。

2,230円で空売りを入れていたので、どう考えても2,163円(3%)は余裕で取れていたケースだっただけに惜しいことをしたと思う。
もちろん、後場まで持っていれば・・・と思うだろうが、それは結果論に過ぎないので、基本は前場で決済だ。

最後に

タブレットを持つビジネスマン

川合さんのリアルトレードを見ながら、私は、昨年の今頃は何をしていたか思い起こしていた。

2019年12月10日に大怪我をして救急車で搬送され、聖マリアンナ医科大学本院で緊急手術を経て、そのまま入院した。
2020年5月10日付のコラム「コルセット装着でリハビリ本格開始、療養費(治療用装具)の支給申請も忘れずに」によれば、昨年の12月16日は、その病院でのリハビリが始まった日だったようだ。

翌々日の18日には、電動ベッドの上で、寝返りさえ自力で打てなかった不自由な身体を駆使し、iPhoneを使って居合抜き1分トレードしたという記録も書いている。
ここ数日、居合抜きツールに登場し続けている三桜工業(コード:6584)は、1年前にも旬な銘柄だったことを思い出す。

そのときのことを思えば、今は普通に生活できることを感謝したいと思う。
イディナ・メンゼル(Idina Menzel)が歌う「アナと雪の女王(Frozen) 主題歌~Let It Go」の歌詞の一説にはこうある。


I’m never going back, the past is in the past.

ニ度と戻らない、過去はもう過ぎたこと/輝いていたい、もう決めたの(松たか子吹替版

最後に、この数か月、ブログで繋がった皆様をご紹介しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました