コロナリストラに備えて川合式デイトレードを学ぼう

この記事は約8分で読めます。

冨のイメージ

日利1.5%トレーダー川合一啓の『株式トレード攻略』」をご覧の方や、彼のメルマガの購読者はご存じのことと思うが、明日(2020年7月28日)から8月7日までの2週間限定で、毎朝8時55分~9時45分の50分間「株式トレードの完全リアルタイム実況中継(録画あり)」を行うことが予告されている。

彼がリアルトレードで実践するのは、「急騰銘柄傍受システム(買い)」と、「マザーズ1%スキャル(空売り)」による新興市場株のトレードだ。
システムから発せられるアラート(シグナルは1~4の4段階で、4が最強)によって、どう対処すべきか実演してくれる。

無料動画で川合式のデイトレード手法を学ぶ

これは、今までの例からすると、有料会員の募集に繋がると思われるので、特に、コロナ禍で自分の勤め先の業績が悪化していそうなサラリーマンの方々は、日銭を稼ぐツールの一つとして勉強しておいて損はないと思う。

特に、新型コロナウイルス感染防止対策で、テレワーク、時差出勤、フレックスタイムの制度があるのなら絶対に使うべきであり、自分の将来のため、できる限り、動画の視聴時間を確保するよう努力すべきであると思う。

事実、2020年4月3日付のハーバービジネスオンラインは、「すでに始まったコロナ失業! 今後、リストラ、採用取り消し、派遣切り増加に注意。政府は対策を」という記事を配信していたし、コロナ危機下において、無策、無能な政府の元、今後はもっと過酷なビジネス環境になることは容易に想像できる。

参考までに、過去3回は

  • 第1期 動画配信 2019年7月31日から 受講生募集 8月6日から9日まで
  • 第2期 動画配信 2019年11月18日から 受講生募集 11月27日から29日まで
  • 第3期 動画配信 2020年3月14日から 受講生募集 3月26日から27日まで

となっていたので、今回も同じような展開となるだろう。

居合抜きツールを使えない方の寄り付きトレード手法

最近の川合さんのリアルトレード結果(動画)で公開される手法は、新興市場銘柄の売買を中心とした「急騰銘柄傍受システム(買い)」と「マザーズ1%スキャル(空売り)」がメインになっているようだが、7月9日付のコラム「コロナ禍で増えた空き時間で月10万円稼ぐ方法」というのは、東証1部銘柄の売買を中心とした「居合抜き1分トレード」という手法だ。

この手法は、株式会社ソーシャルインベストメント代表取締役・山本弘史氏による幻冬舎Gold Onlineの連載記事「投資スキル0点でも『100点満点のAI株価解析ソフト』を作れたわけ」の中でも紹介されているので、ご一読されればいいと思う。

ちなみに、「居合抜き1分トレード」というのは、現在、私を含めて、有料会員の第1期生と第2期生に対しては、投資銘柄選定のための「居合抜きツール」と呼ばれる専用ツールの配信が行われているが、今後はどうなるだろうか。

エクセルを使った「居合抜き1分トレード」候補銘柄抽出

そこで、「居合抜きツール」を利用できない方には、「台北で川合式日本株のデイトレードをやってみた」に掲載した、過去に川合さんが無料公開していた銘柄選定方法を再掲するので、参考にして欲しい。

この「居合抜き1分トレード」というのは、前営業日の東証1部の値上がり上位銘柄から抽出した20~30銘柄のうち、9時の寄り付きから上がりそうな(場合によっては下がりそうな)銘柄を選定して、0.5~1%の利益を確保しようというものだ。

基本的には、前夜のうちにヤフーファイナンスから抽出した値上がり率上位200銘柄を、当日の8時半以降の気配値を見ながら選定することになる。

抽出条件

  1. 株価が400円(100株で4万円)以上、5,000円(100株で50万円)以下
  2. 出来高が100万株以上
  3. 売買高(株価×出来高)が10億円以上

川合式「居合抜き1分トレード」用のデータ抽出マニュアル及びひな形

トレーディングの基本は、寄り付きの成行買い(又は売り)で、1%(川合さんの推奨は0.5%)で利確、-2%で損切りとする。

2020年7月27日の売買候補銘柄と結果

私にとっては、エクセルで銘柄抽出するのは久しぶりなのだが、4連休前の7月22日の値上がり上位銘柄と、予想通りというか何と言うべきか、日本の4連休中(木曜・金曜)に米国市場(NYダウナスダック総合)が下落したので、値下がり上位銘柄も抽出して、27日の値動きを見ることにしよう。

基本的には、前日に抽出した銘柄の中から、寄り付き前の気配値を見て、買いか売りかを決めればいいのだが、8時50分前後からの10分間で、かなり動くこともあるので、9時2~3分前の段階で最終決断することになる。

とりあえず、下表における7月27日の始値と、高値又は安値に背景色があるものの説明は以下のとおり。

  • ゴールドの背景色があるものは、7月22日(前営業日)の終値より高値で寄り付いているもので、買い(ロングポジション)で入れば、1%の利益(川合さんの推奨は0.5%)が取れた可能性のあるもの。
  • 黄色の背景色があるものは、7月22日(前営業日)の終値より安値で寄り付いているもので、売り(ショートポジション)で入れば、1%の利益(川合さんの推奨は0.5%)が取れた可能性のあるもの。
  • ピンクの背景色があるものは、7月22日(前営業日)の終値より高値で寄り付いているため、仮に、買い(ロングポジション)で入っていれば、-2%の損切りラインに達していた可能性のあるもの。
    逆に、安値で寄り付いているもので、仮に、売り(ショートポジション)で入っていれば、-2%の損切りラインに達していた可能性のあるもの。

なお、これらの銘柄情報につき、2019年11月4日付で「楽天証券マーケットスピード2を使った注目銘柄一括登録の方法」を掲載しているので参考になれば幸いである。

【2020年7月22日抽出 東証1部値上がり上位銘柄】(銘柄コードと会社名がピーチの背景色のものは「居合抜きツール」でも抽出済)

それぞれの銘柄の四本値は、Kabu Begin!のExcel株価取得を使って抽出した。

銘柄コード  会社名 7/22終値 7/27始値 高値 安値 終値
1605 国際石油開発帝石 663.9 663.5 668.7 645.5 668
1802 大林組 1,001 986 999 978 998
3288 オープンハウス 3,200 3,155 3,170 3,090 3,120
3902 メディカル・データ・ビジョン 1,457 1,440 1,452 1,391 1,417
4183 三井化学 2,222 2,177 2,200 2,154 2,200
4541 日医工 1,277 1,294 1,309 1,258 1,292
5938 LIXILグループ 1,539 1,550 1,551 1,509 1,533
6752 パナソニック 1,029.5 999.8 1041.5 999 1039
6755 富士通ゼネラル 2,650 2,569 2,609 2,557 2,603
6770 アルプスアルパイン 1,475 1,454 1,455 1,407 1,422
6967 新光電気工業 1,794 1,651 1,717 1,623 1,708
7545 西松屋チェーン 1,126 1,111 1,115 1,090 1,110
7752 リコー 812 798 799 787 798
7915 NISSHA 1,142 1,143 1,144 1,075 1,094
8804 東京建物 1,219 1,201 1,214 1,181 1,209
9531 東京ガス

2,600.5

2602 2,695 2,597.5 2,695
9603 エイチ・アイ・エス 1,606 1,581 1,584 1,550 1,556

これらの銘柄は、7月22日は陽線引けしたものの、27日は、日経平均株価と歩調を合わせるように、寄り付きからいきなり下げて、その後に値を戻したものが多かった。

その中で、寄り付きから逆行高となったものは、7月の日足が右肩上がりのパナソニックと、公営企業である東京ガスだったが、それ以外の銘柄は、ショート(空売り)で入れば、割合に素直な値動きで、数分で利確できたのではないだろうか。

【2020年7月22日抽出 東証1部値下がり上位銘柄】(銘柄コードと会社名がアクアの背景色のものは「居合抜きツール」でも抽出済)

それぞれの銘柄の四本値は、Kabu Begin!のExcel株価取得を使って抽出した。

銘柄コード 会社名 7/22終値 7/27始値 高値 安値 終値
3092 ZOZO 2,556 2,500 2,527 2,457 2,498
3667 enish 840 825 845 823 827
3915 テラスカイ 4,160 4,165 4,860 (S) 4,165 4,860 (S)
4543 テルモ 4,007 3,937 4,020 3,928 4,012
4813 ACCESS 814 829 855 811 847
9142 九州旅客鉄道 2,390 2,360 2,360 2,323 2,358

7月22日に陰線引けした銘柄は、27日は逆に上がった銘柄が目立ったが、私は、この中で、JR九州(九州旅客鉄道)を空売りして、数分で利確することができた。
やはり、豪雨による大規模な被災によって、収益の改善が遠のくという見方は根強かったようだ。

2020年7月27日デイトレード結果

また、7月半ばから急騰しているテラスカイ、22日の利確売りにもかかわらず、今日はストップ高となったようで、私はこの銘柄はノーマークだった。

皆さんはいかがだっただろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました