旅の体験をお金に!旅人系投資家の新たなる挑戦

この記事は約2分で読めます。

サントリーニ島 イア

ここ数ヵ月間、私は金融資産への投資以外で、新しい収益源(副業/sideline business)が作れないかずっと考えてきた。

もちろん、ウェブサイトやブログを使ってアフィリエイト収入などを稼ぐためのノウハウはinosh blogなど、様々なところで情報を得ることができる。

またヤフオクeBayなどのオークションツールを使って稼ぐ方法もあるだろう。
それとも、ファイナンシャルプランナー(2006年10月23日-祝!FP2級合格)として講演でもするか(笑)

ただ、それ以外の方法を模索した場合、今まで長期間にわたって平凡なサラリーマンをやっていた私が持っているスキルでは、あまり選択肢がないと諦めかけていた。

ところが、意外なことに、旅の知識や経験、ノウハウを売ることでお金が稼げる可能性があることがわかった。

それを教えてくれたのは旅仲間の人たちなのだが、私も彼らのようなことができないかと思って、インターネットで検索してみると、wondertrip(ワンダートリップ)の「世界一周しながらお金を稼ぐ5つの方法」という記事がヒットした。

とりあえず、私がすぐにできそうなのが、500円で得意(知識・スキル・経験)を販売できるオンラインマーケットのcoconala(ココナラ)、手数料が150円(30%)ということで、利益率はそれだけ圧縮されるのだが、これなら旅行ネタのみならず、私の海外口座関係の情報も売ることができるだろう。

むしろ、そちらの方が売れ行きがいいかもしれないが、いずれにせよ、今までウェブサイトや、ブログを通じて無償で提供してきた情報がお金になる可能性を秘めているということだ。

仮に100人に売れれば、35,000円の純益ということだが、定期的にメルマガを出したり、電子書籍を作るより気軽にできるのではないかと思った。

もし、英語ができる人なら、自分の情報を直販できるGumroad、世界がマーケットという視点で見れば、これほど有望な市場はない。

私も英語版のウェブサイトを作っているが、最近では旅行の写真に若干の説明文を載せているだけなので、これでは商品にはならないだろう。

ちなみに、書籍の出版と言えば、wondertrip(ワンダートリップ)の記事でも言及しているが、4,980円で自費出版できるMyISBN、電子書籍ならキンドル(Kindle)・ダイレクト・パブリッシング(KDP)、私もいずれは作家デビューでもしてみるかな。

ところで、私の友人の神谷さんが、海外旅行情報サイトのエイビーロードで、たびナレガイドとしてコラムを書いているのだが、私も彼女のように旅行サイトなどで取り上げられるように頑張りたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました