お年玉獲得大作戦前夜

この記事は約5分で読めます。

パソコンを操作する女性

「お年玉獲得大作戦!パフパフパフ~」
まるで年末年始のテレビのクイズ番組のようだが、これは実際にそういうものだ。

要するに12月末分割銘柄が総じて明日の時点で「権利落ち」し、2月20日前後までの期間が分割後の子株(新株)が売れないという需要過多が発生しやすい状況で、ババを引かずにどれだけ儲けられるか、というマネーゲームが始まるからだ。

私はそういうやり方で利益をあげたことを公開し「日本市場は鉄火場か?(金持ち父さんへの道-その2)」、自分の掲示板でも年末には「お年玉銘柄へ投資する」と宣言した手前、今回に限って約2週間にわたり、投資する前段階からコラムを載せようと思う。
但し、年末年始は酒びたりになりやすい季節ゆえ、毎日の掲載は約束できないゆえご承知おき願いたい。

それでは12月末分割銘柄のリストから私見を・・・(但し、投資は自己責任でどうぞ

  • 「本命」と「対抗」は「お年玉銘柄」になる可能性を十分に秘めた銘柄、つまり分割比率が大きく(1株を3株以上に分割)、12月に入ってからの株価に上昇基調が見られるもの。
    但し、1月初旬に「お年玉」に結びつくほどの「上昇」があったとき、「売り時」を間違えると後悔することになる。
    また、これらの銘柄については2月の下げ相場の影響が終ってから再度の買いを入れ、中長期投資を狙いたい。
  • 「穴」と「中期投資継続」は株価がゆるやかに上昇していて、「スーパー相場の女神」による診断も「買い継続」であるが、分割比率が低いなどの理由により、どちらかというと「お年玉銘柄」というより中期投資狙いでいきたいもの。
    分割比率が低いことは逆に言えば、2月になってからの「売り圧力」が低い可能性があるとも言えるので、そういった意味でも中期投資を考えたい。
  • 「投機」は12月になってからの株価の乱高下が激しく判断不能なもの。
    まさに「ギャンブル感覚でやるならどうぞ」という銘柄。
    どちらかというとデイトレーダー向けと思われるので、私のようなサラリ-マンは手を出さない方が無難かも。
  • 「様子見」は12月に入ってからの株価に冴えがなく、「スーパー相場の女神」による診断も「売り継続」か、いつ「売り転換」になってもおかしくないレベルの銘柄。
    それでも一瞬、分割直後は上昇する可能性もあるが、私は今のところ投資対象とはしない。
会社名銘柄コード分割比率単元株数12/1の始値12/24の終値私見
雪国まいたけ13781:1.3100781727様子見
システムプロ23171:3276,000297,000
アルテ24061:2348,000316,000様子見
YKT26931:1.1100371410中期投資継続
九九プラス33381:41,830,0002,250,000対抗
チップワンストップ33431:21,300,000917,000様子見
マクロミル37301:2661,000667,000
デュオシステムズ37421:2710,000664,000様子見
レッグス42861:2245,000400,000投機
ケネディクス43211:3505,000510,000対抗
ラ・パルレ43571:2195,000191,000様子見
楽天47551:10845,000869,000本命
ソフトブレーン47791:5666,000724,000対抗
スミダコーポレーション68171:1.11002,8552,945中期投資継続
ミヤチテクノス68851:1.21001,8551,940中期投資継続
ヤマノホールディング75711:21001,1901,220
シークス76131:21001,8981,995
フォー・ユー76411:3405,000474,000対抗
スターツ出版78491:2400,000580,000対抗
穴吹興産89281:21,0001,1601,030様子見
船井財産コンサルタンツ89291:33,270,0003,220,000様子見
イチネン96191:2500980910様子見
船井総合研究所97571:21002,1851,995様子見

そして、このリストにないが、2005年1月11日に1株を3株にする株式分割を行なうイー・トレード証券(8473)が1月5日(水)に「権利落ち」となることから、楽天(4755)などの「お年玉銘柄」を年内に買えなかった投資家の資金が流れる可能性がある。

この株が12月24日の流れを汲んで年内に急騰し、分割後の株価が予想外に高値になるとその可能性は低くなるが、もし、取引している証券会社に「逆指値(Stop Loss Order)」のオーダーがなければ、1月4日から7日まで保有銘柄の株価には注意すべきだろう。

また、イー・トレード証券(8473)は、明日の値動き次第では10月末分割銘柄のオリコン(4800)を彷彿させるものがあるだけに、あえて「権利取り」で買う考え方もある。
事実、10月上旬にオリコンを買った投資家は、12月の子株還流による下落など全く関係ないほど利益が出ているのだから。

さて、明日から始まるババ抜きゲーム!
果たして3匹目のドジョウは柳の下にいるのか?それとも・・・
そして上記の分割銘柄には新興市場銘柄が多いことに気づくだろう。
もし、今年の1月のようなブームが再来するならば、上記の銘柄の中で「穴」とされたものでも大化けする可能性は十分にあるのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました