川合式デイトレード~急騰銘柄の勝負の肝はサインの頻発にありか

この記事は約4分で読めます。

パソコンを操作する女性

今日(2021年2月25日)は「日利1.5%トレーダー川合一啓の『株式トレード攻略』」の門下生を対象に月2回行われるリアルトレード実況中継の日だった。
最近では川合式デイトレードのことを記事にする日も減ってきたような気がするが、これからも月に数回程度は掲載していきたいと思っている。

居合抜き1分トレード

2021年2月25日 デイトレード結果

「居合抜き1分トレード」というのは、2020年7月27日付で掲載した「コロナリストラに備えて川合式デイトレードを学ぼう」にあるように、前夜にトレード候補として抽出された東証1部銘柄に関して、9時の寄り付き前の気配値を見て、寄り付きの成り行き売買で勝負する手法で、約定価格の0.5%から1%で利確、マイナス2%(1月5日のトレードから「川合式居合抜き1分トレードの損切幅をマイナス1%に縮小してみたら」を試行)で損切というルールを持って行うデイトレードである。

2021年2月25日 日経平均株価のチャート

ところが、2カ月ほどマイナス幅を1%にするということを試行した結果、日足トレンドや地合いに逆行したときは戻りやすいので、ギチギチに1%で損切するのでなく、そのときの流れでフレキシブルにやった方がいい感じになることがわかった。

このあたりは、数字で説明できないので、勘所で勝負するしかないのだが、いずれにせよ、最大でマイナス2%という損切ラインは守っていきたい。

MonotaRO~瞬殺で買建利確1%

2021年2月25日 MonotaRO(3064)のチャート

MonotaRO(銘柄コード:3064)は、神戸物産(コード:3038)と並んでコロナ禍の勝ち組企業、かつ、川合式デイトレード(居合抜き1分トレード)の常連銘柄の一つでもある。
ところが、24日(昨日)は利確売りが嵩んだことに、地合いの悪さも手伝って、マイナス650円の下落、今日の寄り付き前の気配値は、その反騰(押し目買い)が期待されるものとなった。

実際の寄り付きは9時3分、川合さんも実況中継で「高く寄り付き過ぎですかね~」と言っていたのだが、勢いは止まらず、数秒で100円高となり、私は速攻で1%利確、一方で、後場になると上昇幅が縮小、明日以降は25日移動平均線に向かって下落が不安視される値動きとなった。

今月は、体調が悪い日も多く、また、別件に取り組まないといけなかったこともあって、「居合抜き1分トレード」しかできない日もあり、これにかかる比重が大きくなっていたので、勝負所で完勝できたのは大きかった。

西武ホールディングス~迷ったら負け

2021年2月25日 西武ホールディングス(9024)のチャート

私が2本目のトレード銘柄を西武ホールディングス(コード:9024)にしようか、エイチ・アイ・エス(コード:9603)にしようか迷った挙句、西武を買建して負けた。
ああ~これで何回目だ~「浮気は損失の始まり」をやってしまったのは~と自己嫌悪・・・

しかも、今日の西武ホールディングス(コード:9024)は、買建した場合、全く勝機がなかっただけに、損失を最小限で抑えられただけが救いだった。
タラレバを言っても始まらないが、もし、これで勝っていれば、私は9時15分過ぎには高みの見物でいられたのだ。

新興市場株のトレード

2021年2月25日 東証マザーズ指数のチャート

今日は、東証マザーズ指数が寄り付きから9時半頃まで下落を続けたので、川合さんの実況中継でも「マザーズ1%(空売り)で行きますかね~」という案配で、ほとんどの視聴者の目線は「急騰傍受ツール(買い推奨)」には向かっていなかったように見えた。

新興市場銘柄トレード適格基準前日出来高比前日5MA差異日足形状
急騰傍受ツール(買い推奨)10倍以上概ね6%以内上昇基調であること
マザーズ1%ツール(空売り推奨)概ね7倍以内10%以上特に問わない

ロゼッタ~空売りでも勝てたがホントは買うべきだったか

2021年2月25日 マザーズ1%ツール(空売り推奨)

私が川合さんの実況中継を聞きながら「マザーズ1%ツール(空売り推奨)」を見たとき、なぜか無性にロゼッタ(コード:6182)を空売りしたくなった。
私が自分で決めた「新興市場銘柄トレード適格基準」では、売りはしないレベルなのにだ。

2021年2月25日 ロゼッタ(6182)のチャート
このときは単に勝負勘が働いただけなのだが、首尾よく2%利確できたからいいようなものの、私が利確(買埋)した直後からスルスルと株価が上昇し始め、あっという間にストップ高まで到達した。

結局のところ、空売りで成功して気が抜けたのか、その後の急騰傍受ツール(買い推奨)のシグナルの連発に身体が反応しなかったのは惜しいことをしたと思う。

2021年2月25日 急騰傍受ツール(買い推奨)

私はこのところの新興市場の地合いの悪さから「今は居合抜きも新興市場も利確幅は1%で」と書いたのだが、この日のロゼッタ(コード:6182)のように、上げの材料「大幅反発、VR上にリアルタイム通訳組み込み、言語フリーで商談できる会議室」があって、頻発する買い推奨シグナルに、株価が連動しているときは、一気に買い向かうべきなのだと感じた。

アンジェス~和製コロナワクチンはどうなったのか?

2021年2月25日 アンジェス(4563)のチャート

昨年の新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言下で飛ぶ鳥を落とすような勢いだったアンジェス(コード:4563)、当時の活況を思い出す度に、何で今はこんなに株価が低迷しているのだろうと思う。
この会社は和製ワクチンメーカーの旗手を務めるほどの勢いがあったように思うが、いつの間にかニュースにもならなくなった。

いずれにせよ、2月になってから日足トレンドは下落、マザーズ1%ツール(空売り推奨)でシグナルが出た場合、比較的安心してトレードできるはずが、こういうときに限って、あまり利益が出ない。
不思議なものだと思いながら今日のトレードは撤収することにした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました