川合式居合抜き1分トレードの損切幅をマイナス1%に縮小してみたら

この記事は約3分で読めます。

自宅の八朔

「居合抜き1分トレード」というのは、2020年7月27日付で掲載した「コロナリストラに備えて川合式デイトレードを学ぼう」にあるように、前夜にトレード候補として抽出された東証1部銘柄に関して、9時の寄り付き前の気配値を見て、寄り付きの成り行き売買で勝負する手法で、約定価格の0.5%から1%で利確、マイナス2%で損切というルールを持って行うデイトレードである。

1月5日の川合式デイトレードでは、「2021年大発会~コロナ禍の勝ち組企業は再び火を噴くか」で触れたように、「居合抜き1分トレード」の損切幅を、マイナス2%からマイナス1%にするとどうなるか、トライしてみた。

2021年1月5日 デイトレード結果(ANAのみ)

結果から言うと、今日の「居合抜き1分トレード」は情けないことに、当初に「売建」で発注していたアウトソーシング(コード:2427)を取り消して、ANAホールディングス(コード:9202)を「売建」して負けたのだ。

2021年1月5日 アウトソーシング(2427)のチャート

アウトソーシング(コード:2427)の「売建」なら、瞬殺で1%の利確ができていたものを、はっきり言ってバカとしか言いようがない。
もっとも、この銘柄もコロナ禍の勝ち組企業の一つ、川合ツールでもお馴染みの銘柄なので、押し目買いが入ったのか、大引けでの結果はご覧のとおりになった。

もちろん、5日の日本市場は地合いが悪く、おまけに、4日の菅首相の年頭記者会見では、Go Toトラベル事業の再開も当分なさそうな雰囲気が漂っていたので、ANAホールディングス(コード:9202)の「売建」は悪くなかった。(2020年1月4日 産経新聞-【菅首相年頭記者会見】緊急事態宣言なら「Go To トラベル再開難しい」

2021年1月5日 ANAホールディングス(9202)のチャート

そして、寄り付き前の気配値も売り優勢で、始値の2198.5円(前日比マイナス33.5円)からいきなり2,190円に下げたときは、これは楽勝だと思った。

ところが、底値の2,188円(0.5%利確でも1円届かず)から反転上昇し出したので、私はあわてて、セット注文(売買注文と決済注文をセットにする)による指値決済注文を取り消して、利確、損切ともに1%幅のダブル指値(逆指値付通常注文)を入れた。

ここで、マイナス1%の損切ラインは2,220円、マイナス2%だと2,242円なので、いつもの通りやっていれば損切はなかったわけである。
この事例からも、川合式「居合抜き1分トレード」の損切幅がマイナス2%になっている理由がわかり、川合さんは経験則からそう設定したと説明している。

結果的に、この日のANAホールディングス(コード:9202)は、9時22分に付けた2,228.5円を高値として、ジリ下げに転じて、後場に入ると、同値撤退のチャンスも2回生じたほどだった。

ただ、今回やった1%損切も悪いことばかりでなく、最大の利点は、早期に挽回の機会が生まれるということで、その後の結果がどうなるかは別として、後場の同値撤退だと、そこまでの機会損失が生じるリスクがあるということになる。
どちらが良いと言えるのか、今後も検証を続けていきたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました