WHOが日本発の三密回避をAvoid the three Csとして公式に発表

この記事は約4分で読めます。

John F. Kennedy International Airport

世界中に蔓延する新型コロナウイルスへの感染防止対策として、World Health Organization (WHO) Official Facebook Pageは、2020年7月18日付で、日本発の「三密回避」の英訳である「Avoid the three Cs」を公式声明として発表した。

つまり、日本の新型コロナウイルス感染防止対策の一つが功を奏していると、国際機関が認め、諸外国にもステートメントとして流したのである。
このように日本が世界を主導したというニュースは、近年には珍しいことだと思う。

ただ、WHOの公式フェイスブックのコメント欄は、この組織がもはや信頼されていないのか、ひどいありさまだが・・・

WHOが言うには

Avoid the 3Cs.
There are certain places where COVID-19 spreads more easily:(もっと容易く新型コロナウイルスが蔓延している地域の三密を回避)

  1. Crowded places(密集した場所)
  2. Close-contact settings(人と密接する場面)
  3. Confined and enclosed spaces(密閉され、閉ざされた空間)

という書き出しに始まり、What should you do?(何をすべきか)というところでは

  1. Avoid crowded places and limit time in enclosed spaces(人が密集している場所を避け、密閉された空間にいる時間を限定すること)
  2. Maintain at least 1m distance from others(相手方と最低でも1メートルの距離を保つこと)
  3. When possible, open windows and doors for ventilation(可能ならば、換気のために窓やドアを開けること)
  4. Keep hands clean and cover coughs and sneezes(手を洗い、咳やくしゃみをするときは覆うこと)
  5. Wear a mask if required or if physical distance is not possible(必要に応じて、あるいは他者との物理的な間隔が取れないときはマスクをすること)

と書かれている。

私がこれを知ったのは、7月24日付のダイヤモンドオンラインの記事「なぜホームレスはコロナに感染しないのか?支援団体が明かす究極の対策」に、このことが触れられていたからだ。

西岡医師は、日本の現状に関して、世界各国の感染拡大地に比べれば、「今のところは、感染者数も死亡者数も抑えられている」という。

日本の「3密」の効果は世界で評価されており、WHOが「3C」として採用したばかりだ。
中でも最も効果があるのは、ソーシャル・ディスタンスを保つことであるという。

日頃は、新型コロナウイルス感染防止対策がまるでダメだと、ボロクソに言われている日本政府だが、本件に関しては、世界で評価されているようで、このことは、7月19日付のTBS Newsで「WHOが『3密』=『3C』回避を呼びかけ 新型コロナ」として報じている。

WHOが「3密」=「3C」回避を呼びかけ 新型コロナ(2020年7月19日 TBS

WHO = 世界保健機関は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、日本で提唱されてきた「3つの密」=「3密」の英語訳にあたる「3つのC」を避けよう、とのメッセージをSNSに投稿しました。

WHOは18日、公式フェイスブック上に、「3つのCを避けよう」と題したメッセージを投稿しました。「3つのC」とは、それぞれ「密集した場所」「人と密接する場面」「密閉され、閉ざされた空間」から頭文字の「C」をとったもので、WHOは、これらの条件が重なる場合に、最も感染拡大のリスクが高まるとして注意を呼びかけています。

この「3つのC」は、日本が感染予防のために回避するよう提唱してきた標語「3密」の英訳にあたり、WHOは、この有効性を認め、さらなる感染拡大の防止を呼びかけた形です。

ちなみに、日本のことが世界で評価された例としては、2020年5月9日付のヤフーニュースで「新型コロナ 世界のPCR検査は日本の技術が支えているのに日本では活躍できない岩盤規制の皮肉」と、千葉県松戸市にある精密機器メーカー「プレシジョン・システム・サイエンス(銘柄コード:7707)」のことが取り上げられていたが、今回のことも、もっと国内で報じればいいと思うのは私だけなのだろうか。

それと、私が気になるのは、前出のコラムにもあるが、

夏季には、マスクの弊害もある。

「夏場は、マスクによる熱中症のリスクがあります。『道を歩いている時や、周囲に人のいない場所では、マスクを外す方が良い』と伝えています」(西岡医師)

日本ではマスク真理教が流布されているか如く、いかなる局面でもマスクみたいな風潮があるが、熱中症の危険について、マスコミはどの程度報じているのだろうか。
少なくとも、WHOでは、マスク着用について、if required(必要に応じて)としか書いていないのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました