HSBC香港の口座をプレミアからアドバンスへダウングレード

この記事は約15分で読めます。

チムサーチョイ(尖沙咀/Tsim Sha Tsui)

去る10月15日付で掲載した「投資家オフ IN 大阪~HSBC香港の口座はどうすべきか」の中で、私は今後のロードマップとして、米国のファーストレード証券(Firstrade)を資産運用のメインに変えるとした上で、HSBCシンガポールの口座開設も視野に入れていると書いた。

結局のところは、将来的な米国への資産全面移管を視野に入れて、今回の渡航で、HSBC香港の口座種別をプレミア(Premier)から口座維持手数料のかからないアドバンス(Advance)へダウングレードすることにした。

プロローグ~HSBC香港カスタマーサービスへの問い合わせ

カントンロード(廣東道/Canton Road)

HSBC香港の口座種別を変更するのに、アドバンス(Advance)などからプレミア(Premier)にアップグレードすることは、プレミア(Premier)のウェブページからオンラインで手続きできる。

しかし、ダウングレードすることは、オンラインで手続きできないのは無論、書類のダウンロードページ(Forms and Documents Download)にも口座種別変更申請書(Integrated Account Conversion Form)は置かれていない。

インターネット上には「HSBC香港 ダウングレード」で検索すると、例えば、香港BSのHSBC香港の申請書類一覧のように、該当書類がアップロードされていることがあるが、そこで掲載されている書類や、手続き方法が最新情報かどうかはわからない。

そこで、私は手続き書類を取り寄せるべく、インターネットバンキングを使って、HSBC香港のカスタマーサービスにメールを送った。

プレミア(Premier)の担当者と連絡を取ってください

私がカスタマーサービスに送ったメールに対する第一の返事は以下のとおりだ。

実のところ、私は、プレミア口座(Premier)を、2018年11月のベトナム・香港旅行の際に作った自分単独名義(solo account)のものと、家族とのジョイント口座(joint account)と二つ持っていて、それぞれにダウングレードの手続きが必要だった。

ちなみに、プレミア口座(Premier)を複数持っていても、すべてを合わせて100万香港ドル(約1400万円)以上の資産残高があれば、サブの口座は、例え、1万香港ドル(約14万円)でも口座維持手数料は徴収されない。

Re: HSBC Premier on 17 October

Dear Mr *****

Thank you for your e-mail of 16 October regarding the change of your account type.

10月16日付で口座種別変更に関して、お問い合わせいただきありがとうございます。

Please let us know, by return, whether you would like to change your sole or joint HSBC Premier account to an HSBC Advance account. We will then provide you with the relevant procedures.

まずは、この返信メールによって、単独名義口座と共同名義口座のどちらをダウングレードするのかお知らせください。それから関連する手続きについてお教えします。

Alternatively, you can directly contact your Relationship Manager, Ms *****, by telephone on ***** or by e-mail ‘*****@hsbc.com.hk’ for direct assistance.

あるいは、直接、貴方のリレーションシップマネージャーである〇〇さんに電話をするか、メールをお送りください。(伏字のところが担当者の氏名、電話、メールアドレスで、プレミア口座の保有者は専任の担当者がつく。)

If you have any other questions, please call our HSBC Premier Hotline on +852-2233-3322.

ほかにご質問があれば、プレミア・ホットラインまでお電話ください。

Yours sincerely

Customer Support Officer
Retail Banking and Wealth Management

最初のコンタクトは、私のミスのようなもので、昨年、単独口座を作ったのを忘れていたので、双方をダウングレードしたいと書いたら、送られてきたのが、次のメールだ。

ちなみに、私がプレミア口座を持ったのは、2015年5月21日付で「HSBC香港の口座をプレミア(Premier)にアップグレード」と書いたときなのだが、それから約4年半で元に戻すことになったわけだ。

HSBC香港の本支店で手続きをしてください

ネイザンロード(彌敦道/Nathan Road)

送られてきたメールには郵送でも手続きできるとあるが、肝心の書類のひな形の添付はなかった。
もっとも、書類のひな形は、セキュアメールに添付できず、私の登録メールアドレス宛に別送しないといけないので、相手が忘れたのかもしれない。

それに、例え、相手の指示通りに書類を郵送しても、過去には、米国株口座関連の書類をEMSで送ったにもかかわらず、郵便物の未着を二度にわたって言い張られて、手続きが完了せず、わざわざ香港まで行くハメになった苦い思い出があるのだ。(2015年12月10日-HSBC香港の本店でトラブル解決とポートフォリオの見直しを

そんな思いをするなら直接行く。
それが、私が今回、リスクを冒して香港へ行った理由なのだ。

Re: HSBC Premier on 19 October

Dear Mr *****

Thank you for your e-mail of 17 October regarding the change of your accounts type.

10月17日付で口座種別変更に関して、お問い合わせいただきありがとうございます。

Please be advised that if both of your HSBC Premier accounts were closed, your HSBC Premier MasterCard Credit Card account would be required to be cancelled. I am sorry for any inconvenience caused.

貴方が双方のプレミア口座を閉じた場合は、プレミア・マスター・クレジットカードも解約となります。ご不便をおかけすることをお詫びします。

If you would like to change your HSBC Premier accounts to an HSBC Advance accounts, you can visit any of our branches in Hong Kong to place your instruction.

貴方がプレミア口座をアドバンス口座に変更する場合は、最寄りの支店でお手続きできます。

Alternatively, instead of filling a form, you can mail us a signed written instruction to the following address:

もう一つの方法として、貴方のサイン入りの指示書を下記住所あてにお送りいただくことができます。

Account Services Department
The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited
1/F Tower 2 HSBC Centre
1 Sham Mong Road
Kowloon
Hong Kong

Please include the following information in your instruction:

その場合は、次の内容を指示書に記載してください。

– The account number of your sole and joint HSBC Premier accounts(口座番号)
– Your instruction to change your HSBC Premier accounts to HSBC Advance accounts(プレミアからアドバンスに変更する旨の指示)
– Your reason of the change(変更の理由)
– Your HSBC Premier MasterCard Credit Card account number and your instruction to close it(プレミア・マスター・クレジットカードの番号と、それを解約する旨の指示)
– Your account signature(HSBC香港に登録済のサイン)

Once your accounts have been changed, your account number and existing Personal Internet Banking will remain unchanged. You can use your existing Phonebanking Personal Identification Number (PIN) to access your HSBC Advance accounts by calling our HSBC Advance Hotline on +852-2748-8333.

貴方の口座種別が変更になっても、口座番号やインターネットバンキングの設定はそのままです。また、現在の電話取引用暗証番号を使って、アドバンスホットラインに電話できます。

Moreover, a sole and a joint HSBC Advance Automated Teller Machine (ATM) chip cards will be mailed to your registered correspondence address within five business days. Please activate your new ATM chip cards by performing a balance enquiry or cash withdrawal with your existing ATM card PINs at any ATM of our Group or UnionPay network within three months from the card issue dates. Your HSBC Premier ATM cards will be invalidated once you have used the new HSBC Advance ATM cards or one month after your accounts have been changed, whichever is earlier.

新しいアドバンス口座のキャッシュカードを5営業日以内に登録住所にお送りします。新しいカードが届いたら、発行日から3か月以内に、現在、お使いのカードの暗証番号を使い、銀聯(Union Pay)のマークのある銀行のATMで、残高照会又は現金の引き出しをして、アクティベートをしてください。

プレミアのキャッシュカードは、新しいアドバンスのキャッシュカードをお使いになるか、口座種別を変更した後1か月のどちらか早い日をもって無効になります。

In addition, two interim eStatement for your HSBC Premier accounts, which covers the period from the last statement date up to the effective date of changing your accounts to HSBC Advance, will be uploaded to your Personal Internet Banking.

アドバンス口座への変更日以降、プレミア口座の最後の取引報告書と重複してインターネットバンキングに登載されます。

To enjoy HSBC Advance services, please maintain your rolling average Total Relationship Balance for the previous three months at HKD200,000 or above though there is no below balance fee for this account.

アドバンス口座に関しては、過去3か月間の平均資産残高が20万香港ドル(約280万円)必要ですが、それを下回っても口座維持手数料はかかりません。

We are pleased to be of service.

Yours sincerely

Customer Support Officer
Retail Banking and Wealth Management

HSBC香港オーシャンセンター支店訪問

HSBC香港オーシャンセンター支店(HSBC Hong Kong Ocean Centre Branch)

2019年11月12日、私は、ハーバーシティ(海港城/Harbour City)にあるHSBC香港オーシャンセンター支店へ向かった。

昨日は、HSBC香港本店のあるセントラル(中環/Central)で、デモ隊と香港警察の衝突があって、ビジネス街が大混乱に陥ったので、銀行の支店が営業できるのか不安だったが、チムサーチョイ(尖沙咀/Tsim Sha Tsui)界隈にある銀行は、何事もなく営業していた。

商店も普段通りに営業し、ネイザンロード(彌敦道/Nathan Road)を行き来するバスやタクシーも何事もなかったように走っている。

私は、ホテルで朝食を取り、昨日と同じように、川合式日本株のデイトレードをやってから銀行に向かった。
ジョン・ラウ(John Lau)さんにはあらかじめコンタクトを取ってあったので、手続きは何事もなくスムーズに進んだ。

二つの口座をそれぞれダウングレードし、新しいアドバンス口座(Advance)のキャッシュカードが後日送られてくること、それらをアクティベートする必要があることを説明された。
新しいアドバンス口座のキャッシュカードをアクティベートするまでは、現在持っているプレミア(Premier)のキャッシュカードが使えると言われたが、念のために米ドルを若干引き出しておいた。

残念ながら、プレミア・マスターカード(HSBC Premier Master Card)は自動的に解約となるが、私の場合は、2012年9月に作ったアドバンス・ビザカード(HSBC Advance Visa Platinum Card)が依然として有効なので、これからはそれを使うことになる。(2012年10月2日-HSBC香港からクレジットカード(Advance Visa Platinum Card)が送られてきた

一応、念のために、香港にいる間に、13日以降の台湾のホテル予約のために使ったら、普通に使えたので大丈夫だろう。

ちなみに、ジョンさん曰く、HSBCレッドカード(HSBC Red Credit Card)というのが、自動的に発行される(!?)らしいので、それも使えるとのことだ。
不要なら捨ててもいいと言われたが、とりあえず、届いたらブログネタにしてみよう。(笑)

ちなみに、2019年10月27日付の笹子さんのブログでも「朗報!HSBC香港のクレジットカード(Red Card)が日本居住者にも簡単に発行できる」と書かれているが、この発行基準も支店や担当者ごとに違うのだろうか。

HSBC香港の新しいキャッシュカードのアクティベート

HSBC Hong Kong Advance ATM Card

帰国後、1週間ほどして、新しいアドバンス口座(Advance)のキャッシュカードが送られてきたので、SMBC信託銀行(旧シティバンク)で、千円だけ引き出してみた。
銀聯(Union Pay Network)を使った、他行引出手数料は、HSBC香港のFees and chargesの規定によれば、20香港ドル(約280円)のはずだが、ここでは75円しか引かれていなかった。

ちなみに、三井住友銀行(SMBC)でも、海外発行のキャッシュカードの利用方法は、SMBC信託銀行と同じになるのではないかと思うので、以下に注意点を書いてみた。

  1. 最初の画面で、外国語操作パネルを選択しないと、磁気カードが読み取れない旨のメッセージが出て、操作自体ができない。

SMBC信託銀行での海外キャッシュカードの利用手順 その1

  1. 英語、中国語、ポルトガル語、韓国語の中から任意のものを選択する。

SMBC信託銀行での海外キャッシュカードの利用手順 その2

  1. 海外発行のキャッシュカードを選択する。

SMBC信託銀行での海外キャッシュカードの利用手順 その3

  1. 銀聯(Union Pay Network)を選択し、この先は指示されたガイダンスに沿って操作を行う。残高照会(balance enquiry)か、現金の引き出し(cash withdrawal)でアクティベートは完了する。

SMBC信託銀行での海外キャッシュカードの利用手順 その4

HSBC香港のジョン・ラウ(John Lau)さんと日本人顧客の未来

2013年6月の台湾・香港・マカオ旅行から帰国した後、私は「HSBC香港のジョン・ラウ(John Lau)さんと日本人顧客の未来」という表題のコラムを掲載した。

このときに、私は

ジョンさんが何らかの事情で日本人顧客の相手ができなくなったとき、それは近い将来そうなることもあり得るのだが、日本人顧客の中には困る人がかなり出るということだ。

私の場合も彼がいなくなると困る一人ではあるが、彼を知る前は本店に行って英語で全部手続きしていたのだから、それが元に戻るに過ぎない。

香港の銀行で、今現在、日本語でやり取りできるということは、僥倖に等しい幸運だと思って、口座の維持管理をする必要があるということだ。

ということを書いたが、どうやら、それが現実化しそうだ。

2020年2月10日からHSBC香港オーシャンセンター支店は、若干場所が移転し、さらに、アドバンスカウンター(Advance counter)が廃止され、プレミア(Premier counter)とジェイドカウンター(Jade counter)のみになるそうだ。(参考:HSBC Hong Kong Branch Locator

つまり、プレミア口座(Premier)の保有者であれば、彼とコンタクトが取れるが、そうでない人は、本店や他の支店に行って、そこで英語を使わざるを得なくなる。

私は香港情勢の不透明さからダウングレードを決断したのだが、資産残高が少なく、HSBC香港の口座をあまり活用できていない人で、なおかつ外国語が不得手な人は、撤退を検討されてはいかがだろうか。

私が彼と最初に会ったのは、2012年5月の香港・マカオ旅行のとき、何のアポイントメントも取らずに、海外送金小切手だけを握りしめ、飛び込みで彼に会いに行った。
そして、この旅行の直後に掲載したコラムが「Toward a dream-come-true『経済的自由への扉は開かれた』」、このときから毎年のように彼に会いに行き、そして、7年が経過したのだ。

初めて彼に会いに行くときに、頼りにした情報は、2012年4月17日付の香港マイタン日記の記事「HSBC香港オーシャンセンター支店!悪徳口座開設業者で大混雑」だけだった。

ジョンさんは、私の口座種別変更の手続きをしながらこう言った。
「私たちが一緒に写真を撮った7年の歴史を振り返るのも面白いですよ。」
果たして、私が彼と一緒に写真を撮る機会が、再度訪れることがあるのだろうか。

最後に

私が今回、香港に来た理由は、HSBC香港での口座種別変更手続きのためだ。
そして、香港の金融資産を日本に戻して、外国株投資をやればいいではないかと言う人もいた。
実際、私も2015年4月21日付で「日本における外国株投資ツールの充実と海外口座を巡る最近の情勢」ということを書いている。

しかし、私は今のところ、そうするつもりがない。
なぜなら、日本政府はますます酷税国家への道を歩んでいるし、徴税のために経済を殺すようなことを平気でやっているからだ。

それにも増して、私がかつて掲載した「預金封鎖(bank holiday)-過去の実例」で紹介した「大蔵省財務局五十年史」が財務省のウェブサイトから削除され、「財務省財務局六十年史」になった。
単に、歴史書を10年分積み増ししただけなら私も何も言わない。
問題なのは、預金封鎖を実行した終戦直後のことを消したことに始まり、中身がおおよそ歴史書でなくなってしまったことだ。

これが令和時代における不吉な金融黒歴史のゴーサインでないことだけを祈りたい。

2019年11月 台湾・香港旅行のトピックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました