龍王峡でプチハイキング

この記事は約2分で読めます。

龍王峡

「あらっきーと愉快な仲間たちの大人の修学旅行」と銘打った日光・鬼怒川旅行の2日目は、奇岩奇石の渓谷美を楽しめる龍王峡から始まる。

ここは、私たちが泊まった鬼怒川オートキャンプ場から車で約20分ほどのところにある。
方角的には、鬼怒川から会津方面へ向かうので、東京へ帰る人にとっては逆方向に行くことになるが、ご覧のとおり、野岩鉄道会津鬼怒川線の龍王峡駅の目の前が、ハイキングロードの入り口になっているので、山のアクティビティには珍しく、電車でのアクセスもいいところにある。

龍王峡

さて、龍王峡駅から川治湯元駅までに至る自然探究路は、およそ全長6キロ、3時間の散策コースなのだが、私たちは、虹見橋まで数百メートルの見学コースを往復することにした。

龍王峡

天気が良ければさぞかし気持ちがいいと思うのだが、今日は昨日にも増して悪天候、いったい今年の梅雨明けはいつになるのだろうか。

龍王峡

駅前の土産物屋から五龍王神社に至る遊歩道は、九十九(つづら)折りの階段になっていて、下りは楽だが、上りはきつそうだ。そこへ行く途中に、瀧が見えるビューポイントがいくつかある。

龍王峡

今回の私たちのプチハイキングは、この写真で見える虹見橋までで折り返す。
遠いようにも見えるが、下りは数分で着けるほど楽チンだ。

龍王峡

瀧に架かる橋を渡りながら、ここから滑って落ちたらどうなるのだろうと考えた。(笑)

龍王峡

ここなら水遊びができそうな感じがあるが、今日はあいにくの天気だし、誰もそんなことをしていない。
そもそも、安全第一な日本の基準に照らすと、そういうことができるところではないのかもしれないけどね。

龍王峡

ここが、虹見橋の上から龍王峡を望むところだ。
ただ、6月下旬~7月下旬まで、虹見橋を渡ることはできるが、老朽化した歩道を直す工事のため、虹見橋~むささび橋の左岸側までが通行止めとなっている。
詳しいことは、栃木県県西環境森林事務所の「龍王峡歩道 利用者の皆様へ」をご覧いただくといいだろう。

龍王峡

とりあえず、片道30分のプチハイキングはこれにて終了、あとは黙々と、来た道を引き返す。
九十九(つづら)折りの階段を上るのがなかなかキツイ。(笑)
上りきった後は、皆さんでカキ氷を食して、龍王峡を後にした。

ちなみに、ここの売店の自動販売機では、ラーメンの缶詰が1つ400円で売っている。
フェイスブックコミュニティ「ラーメンを食べる会」の部長なら買うかもしれないな~

2019年7月 日光・鬼怒川旅行のトピックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました