ゴダイゴ浅野孝巳&BARAKA依知川伸一 あさいち超☆ライブ電車

犬吠埼灯台と白い郵便ポスト

去る4月20日に、フジヤマツーリストの野澤さんご夫妻に誘われて、銚子電鉄のイベント、「ゴダイゴ浅野孝巳&BARAKA依知川伸一 あさいち超☆ライブ電車」に参加してきた。

これは、電車の中でプロのミュージシャンがライブをやるという前代未聞の試みだったからだ。

銚子電鉄犬吠駅

私たちの世代だと、「銀河鉄道 999」を歌ったゴダイゴはかなり有名なところだが、そこのギタリストである浅野孝已さんと、BARAKAの依知川伸一さんがコラボしたのが「あさいち」というバンドのようだ。

依知川さんは、ご自身がやっている書家のウェブサイト「風人堂」のコラムで、「浅野孝巳の『あさ』と依知川伸一の『いち』から『あさいち』と命名、『朝市』『朝一』に通じ、常に新鮮な音楽を届けたいという思いを込めています。」と書いている。

銚子電鉄犬吠駅

そして、当日、いつものフジヤマツーリストのツアーと違って、新宿からバスに乗った瞬間から感じるアウェー感、それもそうだ、何と言っても、今回のツアーはBARAKAの依知川さんの根強いファンのためのものだったからだ。

単に、鉄ちゃんのイベントツアーだと思って参加した私とはオーラが違ったのだ。(笑)

ゴダイゴ浅野孝巳&BARAKA依知川伸一 あさいち超☆ライブ電車 Vol. 1

午後3時55分、犬吠駅に銚子電鉄のイベント電車が入ってくる。
このイベント電車は、犬吠駅と銚子駅を往復する40分間に、「あさいち」のライブ演奏が聴けるという彼らのファンには垂涎のイベントだ。

ゴダイゴ浅野孝巳&BARAKA依知川伸一 あさいち超☆ライブ電車 Vol. 1

そして、犬吠駅を出発してすぐのオープニングの演奏が、ゴダイゴの大ヒット曲「銀河鉄道 999」、その後も、ザ・モンキーズ(The Monkees)のデイ・ドリーム・ビリーバー(Daydream Believer)や、ジョン・レノン(John Lennon)のイマジン(Imagine)など、私たちにとっては懐かしい曲の数々、動画もバッチリ収めたのだが、残念ながらここで公開できるのは写真だけなので、彼らのライブをお聴きになりたい方は現地に行くといいだろう。

彼らのライブは、直に聴くのが初めての私でも良かったと思うので、今後も機会があればコンサートなどに行ってみたいと思う。

銚子マリーナ

銚子電鉄のイベントが終わった後は、夕食までの合間を縫って、依知川さんお勧めのサンセットエリアの銚子マリーナへ寄ってみる。
上の写真をフェイスブックで上げたら、結構好評だったので、ブログにも上げてみようと思う。(笑)

一山いけす

銚子マリーナで素敵なサンセットを見た後は、銚子市内の名店「一山いけす」で依知川さんのバースデーパーティだ。
彼と間近で一緒に食事をして、同じ時間を楽しめるというのはファンにとってはプライスレスなものだと思う。

一山いけす

この店は、銚子市内では接待用で使われるとも言われるお店なのだが、メインメニューは、猟師町ならではの新鮮な魚、やはり刺身と日本酒の組み合わせが一番だろう。

一山いけす

いよいよ依知川さんの誕生祝い、4月20日が彼の誕生日だったのだが、こんな素敵なバースデーケーキを作ってくるとは、さすがは、おもてなしのフジヤマツーリストだ。
女性だったら、感激のあまり涙する人もいるのではなかろうか。

一山いけす

依知川さんとのツーショット!(笑)
もちろん、ファンの方々も入れ替わり立ち代り、彼との写真を撮ってもらっていたけど、きっといい記念になることだろう。
ライブに居合わせることはあっても、こうした半ば私的なイベントに居合わせるチャンスはそうそうないと思うからだ。

一山いけす

ところで、私たちが手にしている楯は何だとお思いになるだろうか。
実は、これは日本郵便がやっている「オリジナル切手作成サービス」というもので作った切手で、依知川さんの姿が写し込んであるものなのだ。

BARAKA 依知川伸一さんのオリジナル切手

実のところ、私たちは、このデザイン切手と、官製ハガキを往路のバスの車内でもらっていて、犬吠埼灯台の前にある白いポストから手紙を出せば「幸せを呼ぶ」「願いが叶う」「恋愛が成就する」などと言われているもので、ファンの方が実際に投函してみたらしい。
果たして、彼女たちの願いは叶うのだろうか。

犬吠埼灯台のポストから投函したハガキ

こんな感じで、翌日の21日の観光イベントもお付き合いいただいた依知川さん、絶好のファンサービスデイになったのではなかろうか。

とりあえず、いろいろご手配をいただいた皆様に感謝するとともに、今後も機会があれば、BARAKAのライブに行ってみたいと思う。

ちなみに、第二回目の銚子電鉄のイベント電車は、7月13日(土曜日)、15日が海の日の祝日で3連休になるので、遠方の人も来やすいのではないだろうか。
何と言っても今回のツアーでも札幌から来られた方がいたので、ファンの方というのは凄いなと思う。
もし、7月13日のイベント電車に乗るツアーに参加したいという方は、フジヤマツーリストに問い合わせてみるといいだろう。

投稿者: カルロス・ハッサン

旅人系投資家ということで、趣味は海外旅行です。おかげさまで、平成時代の30年間は国内外の旅行を楽しむことができました、 また、2018年12月28日に轟源次郎のペンネームで作家デビューしました。 こちらの書籍もブログ同様にご愛読いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です