地元で大人気の「いたばしプロレス」

いたばしプロレスチケット

10連休となったゴールデンウイークの真っただ中、海外外遊の予定もなく自宅でひきこもり生活をしていた私に、いつもお世話になっているフジヤマツーリストの野澤さんから「いたばしプロレス」の観戦を挟んで飲み会をしないかというお誘いがあったので、いそいそと行ってきた。

いたばしプロレス

ところで、5月3日に観戦した「いたばしプロレス」は、このイベントのスポンサーをしているベストパートナーズという保険代理店の岩崎会長からお誘いいただいたもので、地元では結構な人気を誇るイベントらしい。

これを聞いた当初、私は単なる町おこしのイベントだと思っていたのだが、実際に見てみると、かなりしっかりしたプロレス興行なのだ。

いたばしプロレス

当日、渡されたプログラムを見ると、女子レスラーが男子と試合をする、いわゆるミックスレスリング(mix wrestling)もある。

おまけに3人でやるものもあり、どんな試合になるのかと思っていたら、ご覧のとおり、かなり笑える。(セクハラか!)

いたばしプロレス

そうかと思ったら、かなり真剣勝負(!?)、私の視線は女子レスラーの「夏すみれ」さんが結構美形じゃないかというところ・・・(笑)

そう思って検索すると、やはり、美形レスラーとして有名な人だった。

いたばしプロレス

この爺さんに扮した「がばいじいちゃん」というリングネームのレスラー、彼だけはステッキで攻撃することが許されているらしい。
でも、本当は爺さんでも何でもないらしいけど。

いたばしプロレス

最後は、大技で「かばいじいちゃん」が決めに入る。

お見事!フォール勝ち。ちょっとセクハラっぽいけど。(笑)

いたばしプロレス

こんな感じでプロレスの試合は20時まで続き、その後は観戦をご一緒したタンク満タンの会の人たちで懇親会、ゴールデンウイークのひと時を楽しむことができた。

このいたばしプロレス、私としては意外に楽しかったというのが初観戦の印象だった。
また機会があれば行こうかと思う。
ちなみに、次回は7月7日の「上板橋北口商店街大会」(観戦無料)か、7月14日の「いたプロヒーローズ最強タッグ決定トーナメント決勝戦」ということなのかな。

投稿者: カルロス・ハッサン

旅人系投資家ということで、趣味は海外旅行です。おかげさまで、平成時代の30年間は国内外の旅行を楽しむことができました、 また、2018年12月28日に轟源次郎のペンネームで作家デビューしました。 こちらの書籍もブログ同様にご愛読いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です