エクスペディア・ゴールドでVIPホテルの客室アップグレード

ハーバーグランド香港(Harbour Grand Hong Kong)

天皇陛下が退位される平成最後の日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

10連休のゴールデンウイークを海外で過ごされている方も多いようで、このブログのアクセスも海外ネタに集まっている気がする。

昨年の秋に記事を上げたときには、それほどアクセスのなかった「クアラルンプール国際空港(KLIA)の荷物預けとターミナル間移動の顛末」が上位に来ていることを思うと、マレーシアへ行かれる方や、そこで乗り継ぎされる方が意外に多いように感じられる。

ハーバーグランド香港(Harbour Grand Hong Kong)

さて、今日のコラムは、2019年2月に行ったタイ・香港旅行の際に泊まったハーバーグランド香港(Harbour Grand Hong Kong)のことだ。

このホテルは、香港の中ではかなり良いホテルなのだが、エクスペディアから予約すると、VIP Accessロゴ付いたホテルになっている。

ハーバーグランド香港(Harbour Grand Hong Kong)

このVIP Accessロゴの付いたホテルは、シルバーやゴールド会員の場合、ボーナスポイントが付与されるほか、朝食が無料になったり、部屋がアップグレードされたりする特典が付いている。

エクスペディア会員プログラム利用規約によれば、上級会員になるためには、暦年(1月1日から12月31日)の間に、

  • シルバー会員 1泊あたり6000円以上のホテル(対象ホテル)に7泊以上するか、ホテル、航空券、航空券 + ホテル、現地ツアー(対象商品)を60万円以上購入すること。
  • ゴールド会員 1泊あたり6000円以上のホテル(対象ホテル)に15泊以上するか、ホテル、航空券、航空券 + ホテル、現地ツアー(対象商品)を120万円以上購入すること。

このように、ホテルの宿泊数だけで上級会員を目指せるのであれば、その方が割安と言えるだろう。

ハーバーグランド香港(Harbour Grand Hong Kong)

ところで、HSBC Premier Master Cardを持っている方は、エクスペディア香港(Expedia Hong Kong)に登録すると、当初の12か月間は自動的にゴールド資格が得られることになっている。(2017年7月11日-HSBC Premier Master Card の特典(benefits)を再発見

もし、あなたが有資格者であれば、登録して使ってみるといいかもしれない。

ちなみに。エクスペディア香港のExpedia Rewards Terms and Conditionsに規定されるElite Status Qualification(上級会員資格)によれば、上級会員になるためには、暦年(1月1日から12月31日)の間に、

  • シルバー会員 1泊あたり400香港ドル(5,700円)以上のホテル(対象ホテル)に7泊以上するか、ホテル、航空券、航空券 + ホテル、現地ツアー(対象商品)を35,000香港ドル(497,000円)以上購入すること。
  • ゴールド会員 1泊あたり400香港ドル(5,700円)以上のホテル(対象ホテル)に15泊以上するか、ホテル、航空券、航空券 + ホテル、現地ツアー(対象商品)を75,000香港ドル(1,065,000円)以上購入すること。

が規定となっている。
ゴールド資格を継続する気があるなら参考にするといいだろう。

ハーバーグランド香港(Harbour Grand Hong Kong)

私の場合、今までの海外旅行でもエクスペディア香港を通じて予約したことは何度かあったのだが、VIPアクセスのロゴがあるところは今回が初めてだった。

チェックインのときに何も言われなかったが、私の泊まった部屋が、香港では1,455.3香港ドル(20,370円/当時の為替レートで換算)で泊まれるところでないのは明らかだった。

いろいろなホテルチェーンが会員プログラムを提供しているが、どこにするか決めかねている人は、エクスペディアに登録して、ゴールド会員を維持し続けるのも悪くないと思う。

ハーバーグランド香港(Harbour Grand Hong Kong)

ちなみに、香港在住の由美子さん曰く、このホテルは3階のレストラン(Harbour Grand Café)でなく、41階にあるLe 188° Restaurant & Loungeからの眺めが素晴らしいらしい。

おそらく、朝食付きの宿泊プランを選択すると3階になってしまうので、是非とも41階で食事をすることをお勧めしたい。

それと、これからの季節は晴れていればプールで泳ぐこともできると思うので、このような高級ホテルに泊まったときは、外出はほどほどに留めて、ホテルライフを満喫して欲しい。

旅三昧だった平成時代を惜しみ、新たな令和時代も幸せに生きていきたいということで、本日の最後の締めの言葉としたい。

投稿者: カルロス・ハッサン

旅人系投資家ということで、趣味は海外旅行です。おかげさまで、平成時代の30年間は国内外の旅行を楽しむことができました、 また、2018年12月28日に轟源次郎のペンネームで作家デビューしました。 こちらの書籍もブログ同様にご愛読いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です