目指せML発足20周年、それゆけオフ会 IN 蒲田

呑兵衛 蒲田西口店

あと2日余りで平成時代も幕を閉じようとしているが、去る26日におよそ2年半ぶりにそれゆけ個人旅同好会のオフ会が蒲田で開催された。
インド在住のKAYさんご夫妻が来日したのを機に、あきらさんが企画してくれたのだ。

呑兵衛 蒲田西口店

メンバーは、KAYさんご夫妻のほか、東組の宴会部長の俊哉さん、投資家のg-san、幹事をやってくれたあきらさんに私の6人でスタート、途中から久々にお会いしたハム太さんも登場、7時から延々3時間のロングランの宴会となった。

話題の中心は、それゆけ個人旅同好会創立20周年(25周年?)の記念オフを、聖地である名古屋でやろうということで盛り上がった。

呑兵衛 蒲田西口店

私がこのグループのオフ会に初参加したのは、2002年3月9日の「第23回公式会合@恵比寿」なのだが、それ以前から会員同士の交流は続いていて。インターネット上の交流サイトであるeGroupsのメーリングリストは、2000年1月のスタートのようなので(現在はグーグルメーリングリストで継続中)、この時点を起点とすると、来年1月で20周年ということになるのだろう。

ただ、それゆけ個人旅同好会の会合報告の歴史をさかのぼると、1998年8月に第1回のオフ会が開催されたとあり、このときから名古屋地区の交流はあったようで、インターネット上に記録が残る最古のミニコミ紙が、1997年4月発行の「世界旅通信 北アフリカ編」とある。

いずれにせよ、日本広しと言えども、20年近くの歴史を刻むインターネット交流グループはないのではなかろうか。
この日の話題では、名古屋で記念オフ会があるようなら行くという声が多かったので、是非ともやって欲しいと思う。

投稿者: カルロス・ハッサン

旅人系投資家ということで、趣味は海外旅行です。おかげさまで、平成時代の30年間は国内外の旅行を楽しむことができました、 また、2018年12月28日に轟源次郎のペンネームで作家デビューしました。 こちらの書籍もブログ同様にご愛読いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です