知命の50歳を迎えて怒涛の飲み会2連荘

隠れ家個室居酒屋 ほづみ 新橋駅前店

とうとう私も孔子の論語で言う「五十而知天命(五十にして天命を知る)」の年を迎えるに至った。

私がどんな天命を授かっているのかわからないが、今後数年間は、目標としている早期リタイアを視野に入れた人生プランニングをしていこうと思っている。

隠れ家個室居酒屋 ほづみ 新橋駅前店

これからは、私の興味があるところで言えば、タイのロングステイビザ(Non-Immigrant Visa “O-A”)が取得できるし、マレーシアのマイ・セカンドホーム・プログラム(MM2H/Malaysia My Second Home Program)の申請に際しての資産要件が緩くなる。

また国内に目を転じれば、JR東日本の大人の休日倶楽部への入会資格ができたので、多少安く国内旅行を楽しむことができる。

ところで、そんなことを書いているのとは裏腹に、去る2月28日、そして3月1日と、知天命という高尚な言葉とは全く釣り合わないような怒涛の飲み会2連荘を東京(新橋)と福岡を股にかけてやってきた。

元々幹事として企画していた東京の飲み会はともかく、楽天トラベルのJAL楽パックを使って福岡にまで行ったのは全くの衝動的なもの、こんなことやっていて天命を知ることができるのだろうか。

和民 新橋赤レンガ通店

さて、東京(新橋)の飲み会は、2013年1月の新年会以来の開催となったグアテマラ友の会(2010年12月-2011年1月の旅行中、グアテマラのアンティグアにあるペンション田代で出会った仲間が中心)、参加者は海外を飛び回るビジネスマンのサトシさんにユキオさん、愛知県豊田市からわざわざ駆けつけてくれた佐貫さん、そして二次会から参加の紅一点、ユリエさんに私の合計5名だ。

このメンバーで飲む時は終電までに帰れないことがわかっていたので、今回は浜松町へも徒歩圏内のシーサイドホテル芝弥生を確保して宴会に臨むことにした。
実際、散会したのは夜中の2時前、いつもながらに思うのだが、信じられないほどタフな人たちだ。

こうでないと中南米を旅行するのは無理なのかな。(笑)

また、この中のメンバーの一人が不動産投資で早期リタイアを目指したいと発言、ダテに海外を飛び回っていないよな、と私は妙に感心、この日参加できなかったメイさんは、会社を辞めて5月からワーキングホリデイでオーストラリアに行くと言うし、アオイさんは過去に世界一周した経験の持ち主だ。

いろいろ彼女たちにも聞きたいことがあったのだが、こうして変わり種のメンバーと飲むと、いろいろ気付くことがあって楽しいと、改めて思うのだった。

兼平鮮魚店 中州川端店

福岡での飲み会はバンコク在住のジョニーさんが一時帰国していて、その絡みで飲み会をやるというので急遽参加させてもらった。

兼平鮮魚店 中州川端店

もっとも私の目的は、共同出資しているプーケットのコンドミニアムが、ようやく今年の5月以降に滞在可能になりそうだ(参考:2013年1月27日-プーケットコンドミニアムのタイムシェア)というのと、私と同じく共同出資しているメンバーが数人来るというので、馳せ参じることにしたのだが、結局は単なる飲み会になってしまった。(笑)

やぶれ居酒屋まさかど 中州3号店

とりあえず、参加者の半数はワールドインベスターズのメンバーだったし、久々に彼らと顔合わせできたので良しとしようか。

一方で新しく知り合った方は、上場企業のビジネスマン、一級建築士の方、そしてアパート経営者と、こちらも多士済済だった。
残念なのは天気に恵まれなかったことと、女性が参加していなかったことか。(爆)

ちなみに、今回泊まった西鉄グランドホテル、過去に来た記憶があると思ったら、2010年4月のワールドインベスターズ九州襲撃オフで使ったところだった。

もしかすると、ウェブ上では年中交流があるので気付かなかったが、ジョニーさん以外のワールドインベスターズの九州地区メンバーと会うのは4年ぶりだったのかな。

投稿者: カルロス・ハッサン

旅人系投資家ということで、趣味は海外旅行です。おかげさまで、平成時代の30年間は国内外の旅行を楽しむことができました、 また、2018年12月28日に轟源次郎のペンネームで作家デビューしました。 こちらの書籍もブログ同様にご愛読いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です