アメリカのベアファンドに配当金

世界の新興市場に投資している人の間では、中国株やタイ株の配当金(dividend)の高さについてはご存知の通りだが、私がTD Ameritradeを通じて投資しているベアファンド(株価や指数が下落すれば儲かる)の1つ、住宅関連株の売建ての上場投信(ETF=Exchange Trade Fund)、UltraShort Real Estate ProShares ETF (SRS)に配当金が出ていることがわかった。

私の証券口座には今月の2日付で入金されていたわけだが、私の持っているイメージでは売建ての商品に配当金が付くとは思っていなかったのでビックリである。

冷静に考えればファンドに利益が生まれれば配当が出ることもあるのだろうが、売建てと言えば、株の空売りとオプションのショートのイメージしかなかったので、あまりこういったシチュエーションは考えていなかったのだ。

さらにビックリなのが、これは今のところ些少な金額ながら投資したことを後悔しているUltraShort QQQ ProShares (QID)、要は、PowerShares QQQ (QQQQ)の逆をいくもので、米国株高の中では成績が冴えなくて当たり前だが、このファンドにも配当金が付いたのだ。

得体の知れない株なら蛸配も考えられるレベルだが、これはいったいどういうことなのだろうか。
損失が出ているファンドの穴埋めができるのはいいことだが、何だか狐につままれたような感じだ。

いずれにしろ、いろいろ言われているアメリカだが、こうしたバラエティに富んだETFに格安で投資できる環境に関しては優れていると言わざるを得ないだろう。

日本のネット証券の中でもこうした海外のETFを扱うところが出てきたようだが、こういう好ましい動きが加速すれば、日本の証券界もまだまだ捨てたものではないかもしれない。

まあ、残るは日本人の多くが持つ投資嫌い(!?)のメンタリティの払拭ということかな。(三原淳雄の言いたい放題-真面目に株を考えたら

関連サイト

投稿者: カルロス・ハッサン

旅人系投資家ということで、趣味は海外旅行です。おかげさまで、平成時代の30年間は国内外の旅行を楽しむことができました、 また、2018年12月28日に轟源次郎のペンネームで作家デビューしました。 こちらの書籍もブログ同様にご愛読いただけると幸いです。

「アメリカのベアファンドに配当金」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です