川合式デイトレ、急騰シグナルの成否

この記事は約4分で読めます。

川崎大師

去る1月20日、私は電車で移動しながら川合式デイトレードを敢行した。

このことは後述する予定だが、この日の私は福島にある飯坂温泉への日帰り旅に出かけたのだ。

居合抜き1分トレード

2023年1月20日 日経平均株価のチャート

1月20日は、19日の日経平均先物夜間取引の終値が、26,320円で前日比20円安と、若干のマイナスで終わったのに加え、19日の米国市場は、NYダウ(Dow Jones Industrial Average)が、33,044.56ドルと18日の終値に比べて252.4ドル安、ナスダック総合指数(NASDAQ Composite)は、10,852.27ポイントと18日の終値に比べて104.74ポイント安となり、日本市場は厳しい展開が予想された。

2023年1月20日 デイトレードの結果

「居合抜き1分トレード」というのは、2022年4月4日付で掲載した「東証市場再編初日も好スタートのデイトレ」にあるように、前夜にトレード候補として抽出された東証プライム市場(旧1部)銘柄に関して、9時の寄り付き前の気配値を見て、寄り付きの成り行き売買で勝負する手法で、約定価格の0.5%から1%で利確、マイナス2%で損切というルールを持って行うデイトレードである。

日本M&Aセンター~手堅く0.5%利確

2023年1月20日 日本M&Aセンターホールディングス(2127)のチャート

日本M&Aセンター(コード:2127)を空売りするときは、たいてい100株でなく、200~300株を建てることが多いのだが、今回は一方が値嵩株だったこともあり、100株に留めたことが良かったかもしれない。

この日は寄り付きから下がることを予想して空売りでいけそうな銘柄を選んだのだが、思ったよりも下がることはなく、むしろ途中で上昇に転じる気配もあったほどだったので、手堅く0.5%利確ラインで決済した。

ペイカレントコンサルティング~瞬殺で1%利確

2023年1月20日 ベイカレントコンサルティング(6532)のチャート

この日のトレードのメインは、ベイカレントコンサルティング(コード:6532)の空売りだった。

「居合抜きツール」には滅多に出ない銘柄でありながら、ほぼ理想的な売りチャートを描いていた。
できれば200株いこうかと思えるほどだったのだが、今月もあまり調子の良くない「居合抜き1分トレード」に及び腰になってしまった。

結果は、ほぼ瞬殺で1%利確、やはり自分の勘を信じれば良かったと思えた一瞬だった。

新興市場株のトレード

2023年1月20日 東証マザーズ指数のチャート

1月20日の東証マザーズ指数は、寄り付きから上昇トレンドだったので、「トルネード1%ツール(空売り推奨)」よりは「急騰傍受ツール(買い推奨)」の方を見た方が良いと思えた。

新興市場銘柄トレード適格基準前日出来高比前日5MA差異日足形状
急騰傍受ツール(買い推奨)10倍以上概ね6%以内上昇基調であること
トルネード1%ツール(空売り推奨)概ね7倍以内10%以上特に問わない

この日は新幹線での移動を挟んだので、落ち着いてトレードできる環境にあり、新興市場株のトレードもやってみることにした。

ブロードマインド

2023年1月20日 急騰傍受ツール(買い推奨)

9時10分に、ブロードマインド(コード:7343)に関して「急騰傍受ツール(買い推奨)」にシグナルが出たとき、買いでいくのにほぼ理想的な状況と言えた。

2023年1月20日 ブロードマインド(7343)のチャート

株価1,134円、前日出来高比71.39倍、前日5MA比が1.5%、気になったのはティック順位が低かったことぐらいなのだが、皮肉なことに地合いとも逆行する形で損切の憂き目にあった。

う~ん、自分としては万全の状態でトレードしたのだが、年に数回しかない仕方がない負けと言えるだろう。

キャンパス~危なげなく利確

2023年1月20日 急騰傍受ツール(買い推奨)

9時27分に、キャンバス(コード:4575)に関して「急騰傍受ツール(買い推奨)」にシグナルが出たとき、株価が1,293円、前日出来高比4.62倍、前日5MA比4.4%だった。

次(9時32分)にシグナルが出たとき、株価は1,302円に伸びていた。

2023年1月20日 キャンパス(4575)のチャート

私が買建をしたのは、その直前だったのだが、株価はスルスルと急伸し、予定の2%利確で決済できた。

結果的に、トータルプラスで終えた私は、今回の旅行を最高の出だしでスタートできたと言えよう。

最後に

パソコンを操作する女性

最後になるが、スクール生のブログを紹介して終わりにしようと思う。
また、川合式デイトレード(トリプルメソッド)に興味を持たれた方は、是非とも無料メールマガジンに登録して情報収集されるといいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました