セブパシフィック航空の踊るスチュワーデス(Cebu Pacific FAs dancing)

この記事は約3分で読めます。

今日何気なくインターネットサーフィンをしていて知ったのだが、2010年11月、ちょうど私がフィリピンのボラカイ島へ旅行したとき、セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)の踊るスチュワーデスの動画がYouTubeで大ブレークしていたという。

Cebu Pacific FAs dancing

この動画は、彼女たちが離陸前の安全ガイダンス(safety instructions)の際に、レディー・ガガ(Lady Gaga)のヒット曲「ジャスト・ダンス(Just Dance)」をBGMに、踊りながらこれらの説明するという奇抜なものだ。

ちなみに、写真の美人スチュワーデスはカレン・トレーシー(Karen Tracy Vitug)さん、こんな飛行機なら何度でも乗りたいぞ!と思わせるようなパフォーマンスぶりだ。

YouTubeにアップされたこの動画は、ダンシング・ガイダンスが試験的に行われたときに、たまたま乗り合わせた乗客によって撮影されたものらしいが、私が乗ったフライトは深夜便だったこともあって、安全ガイダンスはノーマルなものだった。

こんなものがあると知っていたならマニラから香港へ向かうフライトもフィリピン航空(Philippine Airlines)でなく、セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)を使ったかもしれなかった。

ところで、このセブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)のダインシング・パフォーマンスは今でもやっているのだろうか。
当時、この奇抜なアイデアに対し、国会議員の一部や、フィリピン航空(Philippine Airlines)の組合が、女性の品位を汚すものだと不快感を示していたらしいが、2011年12月23日付けのキルロイ氏のコモンポストや、英字紙のDaily Mailの記事によれば、そのまま続いているようだ。

ちなみに、この航空会社は日本(関西国際空港)へも就航しているが、あまりニュースにならないところをみると、大阪発着のフライトではこのパフォーマンスは見られないのだろうか。

とりあえず、大阪にも営業所(Air System Inc. 06-6265-2535)があることだし・・・乗る機会があれば一度聞いてみようかな。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました