詐欺師の高笑いが聞こえる

この記事は約5分で読めます。

苦悩する女性

新聞報道によれば3年後の2011年7月24日をもって、現在の地上波テレビのアナログ放送が終了し、デジタル放送に完全に切り替わるらしい。(2008.7.24 読売新聞-地デジ移行あと3年 TV局・国、周知急ぐ)

私は最近、テレビをほとんど見なくなったので、家にあるテレビ受像機が地デジ対応なのか今ひとつわかっていない。
昨年あたりにテレビを買い換えたときに家電ショップの人が地デジ対応になっているとか、言っていたような気がするがさして気にも留めなかった。

あなたの家のテレビはどうだろうか。
ところで、これに関して一番の問題は高齢者単独世帯だ。
彼らはテレビが何より楽しみというレベルの人も多い。

NHKは24日から、アナログ放送を受信しているテレビ画面の右上に「アナログ」というロゴマークを常時表示させ、画面下に「ご覧のチャンネルは2011年7月で終了します」という告知を適宜表示させる、としているが、それは単に番組の終了のお知らせとしか受け取らない人も多いに違いない。

第一、アナログとデジタルの言葉の意味がわからない、という人もいるのではないだろうか。
そこで、政府やテレビ局は「NHKや民放のOBらを活用し、高齢者や障害者向けに頻繁に説明会を開く。民生委員やボランティアに協力してもらい戸別訪問も行う方針だ。」とのことだが、この地デジ対応の需要増を予想して2009、2010年あたりに家電業界の株でも買おうか、と思った人もいるかもしれない。

私は一方で「地デジ詐欺の大氾濫の予感」と見る。
現在ですら 振り込め詐欺被害が過去最悪、詐欺の被害金のうち全銀協加盟金融機関の凍結口座に滞留しているとされているだけで何と59億円もあるという。(2008.7.25 毎日新聞-振り込め詐欺:口座残金は59億円 全銀協が初集計)

実際の被害額は当然これより多いハズで、私ですらこんなに騙されているヤツがいるんだ、と思う反面、この一部をオレの口座に、と思うヤツもいるハズだとも感じるからだ。

私はこうした犯罪を助長させる気はさらさらないが、現実問題として、振り込め詐欺に騙された被害者はカモリストに登録され、地デジ詐欺のターゲットにもなり得るだろう。

事実、地デジ対応の受像機に切り替えないと2011年8月以降はテレビが見れなくなるし、その説明のためのボランティアが戸別訪問するという。
そして、政府は国民生活センターをリストラしようとさえしている。(2007年10月11日「国民生活センターの機能縮小案に思う」

これだけ詐欺師に好条件が揃っていて何も起こらないわけがないというより、連夜のシャンパンファイトといった気分だろう。

ネット世代の我々はいい。
番組の内容がくだらないと思えば、テレビなど見ないという選択肢は当然にあり得るし、テレビの受像機自体が不要かもしれないからだ。

問題は、アナログ世代の自分の親だ。
彼らが騙されないためにはどうするか。
地道な親孝行をするのが一番だ。

騙されるなよ、いろんなヤツいるからなんて陳腐な言葉をかけることではない。
親のために自分らが手を出して地デジ対応のインフラを整えてやることだ。
こんな愚策のために金を出したくないという気持ちもあるが、親が詐欺師に金を毟り取られるよりはマシだ。

もし、親の家の近くに家電屋があるなら、そのときは多少高くてもそこから買ってやることだ。
そうすれば、何かあったときに親がそこに相談しやすくなる。

量販店は価格自体は安いがそういうアフターケアがない場合も多いからだ。
言わば、1万円を惜しんで20万円を騙し取られるというような愚だけは避けるべきということだ。

**************************************
犯罪者に聞いた「騙しにくい嫌な相手はコイツらだ!」 (2008.3.25 週刊SPA)

さまざまな犯罪撃退報告があるが、実際に犯罪者が「こいつは相手にしたくない!」と感じるのはどんなタイプなのか?
高齢者を対象に高額の布団を売りつけている悪徳訪問販売員A氏は”騙せない客”をこう分析する。

「玄関に”押し売りお断り”の警告を貼ったり、センサー式の防犯ライトをつけた家は、”被害に遭いたくない”という保守的な気持ちが読める。
僕らがイヤなのは、逆に『かかってこい、撃退してやるから!』的な性格が会話や表情に出るタイプですね」

つまり、質問に質問で返してくる相手や、笑顔に無表情で返してくる人間が鬼門だという。

「こちらの会話を無視して質問責めしてくるのは、相手を論戦でやり込めるのを愉しむ性格の表れです。
一方、販売マニュアルにも『人間の持つ、相手の笑みに無意識に笑みを返す本能を利用して警戒心を和らげる』といった項目があるのですが、これが通じない相手もダメ。日常生活でも、冗談の通じないヤツっていますが、そんなタイプは騙しづらいです。これは詐欺犯などにも当てはまると思いますよ」

一方、大胆不敵に見える痴漢常習犯にとっても、苦手な相手がいる。
「一目で、こいつはNGと判断できるのは、目が合ってからその目を逸らすまでの時間が長い相手ですね。駅のホームで初対面の他人と目が合い、5~10秒と相手を見続ける女は好戦的で警戒心も強いですから、絶対に狙わない」(痴漢犯B氏)

また、知識武装した人間も犯罪者が毛嫌いする相手だ。

「ネットに精通している人間は知識も充実していて怖いですね。こちらの弱みを知っているので、騙すどころか痛い目に遭うこともあります」(詐欺犯C氏)
結局、犯罪者への反撃を愉しむぐらいの余裕がある人問は、犯罪者も狙わないということか。

■犯罪者が騙しにくいと感じるタイプ

  1. 目が合ってから、その目を逸らすまでの時間が長い人。好戦的な性格の表れ!
  2. 会話の中で、質問に対してまったく違う回答をしてきたり、質問に質問で返してくる人。
  3. 身なりが安っぽい人。安い小物などを持つ人はプライドが低く、騙されたことを恥じない。
  4. 笑顔に無表情で返す人。笑顔に笑顔で返さない人は警戒心が強い!
  5. ネットを多用する人。あらゆる犯罪について、被害に遭ったと気づくまでが非常に早い!

**************************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました