八王子の居酒屋半兵ヱは昭和の香りでいっぱい

薄利多賣半兵ヱ 八王子三崎町ドンキホーテの斜め向かい店
昨日、フェイスブックコミュニティ「ラーメンを食べる会」のイベント「八王子deラーメン会」というのが開催された。
当日の昼間は用事があって行けなかった私は、函館の五稜郭タワーの売店で買った「旅に出ます 探さないで下さい」のロゴが入ったTシャツを着て、夜の部から参加した。(参考までに千葉の成田山のデザインのTシャツならオンラインで買うことができる。)

薄利多賣半兵ヱ 八王子三崎町ドンキホーテの斜め向かい店
ちなみに、朝から参加された方は、朝食から南京亭でラーメン、続いて高尾山に登り、昼は煮干鰮らーめん 圓に行き、続いて、竜泉寺の湯、そして、私が合流した夕食のラーメンが竹の家と、ラーメン三昧の1日を過ごしたそうだ。

そして、ラーメン三昧の後(私は夕食だけだったが・・・)で私たちが行ったところが、薄利多賣半兵ヱ 八王子三崎町ドンキホーテの斜め向かい店という居酒屋だった。

薄利多賣半兵ヱ 八王子三崎町ドンキホーテの斜め向かい店
私たちが総勢12名だったこともあるが、通されたのは昭和時代にヒットした映画(参考:日本映画情報システム)のポスターが全面に貼られた和室だった。
そこは、半世紀前にタイムスリップしたような、古の映画ファンなら叫びたくなるような雰囲気に満ち溢れ、至るところに昭和の香りが充満していた。

薄利多賣半兵ヱ 八王子三崎町ドンキホーテの斜め向かい店

これだけで一種の博物館みたいなものだと思うのだが、ここに外国人を連れてくれば喜ぶ人もいるのではないだろうか。

薄利多賣半兵ヱ 八王子三崎町ドンキホーテの斜め向かい店

残念ながら、この八王子店は今月の30日(残り3週間)で閉店になることのことで、個人的には、これら映画のポスターだけでも別の系列店舗で飾ってくれることを願うばかりだ。

薄利多賣半兵ヱ 八王子三崎町ドンキホーテの斜め向かい店

しかも、ここの店長のホスピタリティも素晴らしく、初めて行った店にもかかわらず、閉店となるのが非常に残念な気がするのは私だけなのだろうか。

投稿者: カルロス・ハッサン

旅人系投資家ということで、趣味は海外旅行です。おかげさまで、平成時代の30年間は国内外の旅行を楽しむことができました、 また、2018年12月28日に轟源次郎のペンネームで作家デビューしました。 こちらの書籍もブログ同様にご愛読いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です