次世代エネルギーへの投資

昨年の3月にHSBC Hong Kongで遊びのつもりで買ってみた投資信託(ファンド)のパフォーマンスがなかなか素晴らしい。

今、人気の投資信託(ファンド)は、いわゆるBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)市場へ投資するもの、それらを含む新興国全般へ投資するもの、あるいは資源・エネルギー(mining, energy)を含む商品(commodity)ファンドなどは驚異的なパフォーマンスを誇っているが、これらの基準価格は結構な高水準にあり、まだまだ伸びる余地があるとはいえ、今から買いに行くには二の足を踏むレベルだ。

私が買ったのはメリルリンチ(Merrill Lynch Investment Managers)が出しているNew Energy Fund (HSBC Fund Code: 61096)で、今日現在の基準価格はUS$10.12で、1年間で約30%上昇、私自身これほど上がるとは正直思っていなかった。

上位投資銘柄は、いわゆるクリーンエネルギー関連株が中心で、今の石油戦争が沈静化する数年後、あるいは10数年後を見据えた投資とも言えた。

このファンドがSRI投資であるかは一概には言えないが、投資銘柄が何となく環境に優しい企業が多かったような気がしたのも気に入った理由の一つだ。
買った口数は微々たるものだが、このまま伸びる余地があるなら買い増しも検討してみようかとも思う。

投稿者: カルロス・ハッサン

旅人系投資家ということで、趣味は海外旅行です。おかげさまで、平成時代の30年間は国内外の旅行を楽しむことができました、 また、2018年12月28日に轟源次郎のペンネームで作家デビューしました。 こちらの書籍もブログ同様にご愛読いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です