2019-09-26

経済・政治・国際

消費税の軽減税率は飲食サービス業を叩き潰す爆弾になるのか

2019年10月1日から消費税率が8%から10%に引き上げられる。それと同時に一定の飲食料品と新聞に関しては8%の軽減税率が適用になるが、飲食料品に関しては、持ち帰りと店内での飲食で税率が異なることから、事業者側は様々な対策を講じている。果たして、それにかかるコストは飲食サービス業の収益を圧迫しないのだろうか。
タイトルとURLをコピーしました